無呼吸症候群て、不思議なものね !

息しているはずが・・・・・・・・眠っているじゃん !

 人には、「無くて七癖」と言うが、持病仮病も様々に人の中身は、分からぬものよ。

 久々に友達集いて語らう事の心和むそのひと時に、ついぞ出ました様々な人

それぞれの癖や色々。

友人A「おい、B君、何も去年東日本大震災があったからと言って、相変わらずの貧乏

     ゆすりしなくてもいいでしょ。」

友人B「いやいや、自然現象だからね。」

友人A「なんか、余震が来ているのかと錯覚するよ。」

友人C「よしんなよ。そんな事言い合うのはさ。」

友人B「C君も相変わらず駄洒落の世界に没頭しているのだね。」

友人C「いや、別にぼーとしているだけさ。」

友人A「ところで、久しぶりに会ったのにD君がビール飲んで何も語らないね。」

友人C「うん、彼は、ビールが好きだからね。相変わらずだよ。」

友人B「しかしね、D君のジョッキーのビール、さっきから半分だけ減っただけだよ。」

友人A「静かにビールを飲みたいのと違うか。」

友人E「おい、みんなD君が眠っているみたいだよ。」

友人A「そんなはず無いよ。彼、アルコールに強いから・・・おい、D君・・・」

友人D「・・・・・・・・・・・・」

友人E「あれ、D君が呼吸していないよ。寝かせた方がいいな!」

 一同に緊張が走る・・・・・・!

友人A「大丈夫だよ。みんなで寝かせよう!」

友人B「俺ね、こういうの無呼吸症候群て言うのだと思うけど・・・。」

友人A「何かいい方法ないかな。救急車を呼ぼうよ。」

友人E「確かD君が言っていたな。彼が眠ったら・・・・そうだ。尻を引っぱたくんだよ。」

友人C「よし、じゃ、俺がひっぱたいてみるよ。」

 C君がD君の尻を平手で殴るや「プー」とガスとにおいが蔓延。

友人A「おい、彼生きてるさ。無呼吸と言っても尻で呼吸してるのかも・・・」

友人D「うっぱあ、うっぱあ、あれ?みんなどうしたの?」

友人A「もう、心配させるなよ。みんな君が無呼吸だから心配したのさ。」

友人D「そうか、みんなに言っておかなきゃいけなかったね。」

友人C「D君は、尻でも呼吸するんだね。」

友人D「なんで・・・・・・?」

友人C「だって、無呼吸だから心配して尻ひっぱたいたらプーだよ。」

友人D「へー」
[PR]

by warau_1 | 2012-06-13 02:22 | 笑う門には福が来る