ぼうくんネロ が 日本にいた!

        寒い地方でとんでもないことが・・・・・・

 寒い寒い震える都会の人に、「たいしたことはありゃせぬ」と語る北国生まれの大男

「故郷の真冬なら、そとで立ちションするに、ステッキがなきゃだめ」と言う。

 これ聞く人皆「何でだろう?」不思議に思うも仕方なし。

 大男言うことにゃ「出した傍から尿がツララになるから、割らにゃ後が続かない」

これ聞く人々驚嘆するも「間違ってチンチンたたきゃ割れやせぬか」と懸念が走る。

 この大男背丈195cmのいい男。私の友人曰く彼の自宅に招かれた時の事を教えて

くれた。何しろ女性にもてる事、半端じゃない(ぺ ヨンジュンにゃ勝てぬが・・・・・)

 大男「よー、来てくれたか。待っていたよ!」と彼女とコタツに入っていた。

 彼女「あら、素敵な方、あなたのお友達には、素敵な方が一杯ね」

 大男「それは、当たり前なのさ。何しろいい奴だけをえり好みしているからな」

 彼女「まるであなたは、王様みたいね」

 大男「おい、入り口に立ったままじゃ寒いから、一緒にコタツに入れよ!」

 友人「はい、お言葉に甘えて・・・・・」と大男の左側に座ってコタツに入った。

 大男の隣に座るも布団が持ち上がり、空気がスウスウ、コタツの熱は、逃げて行く。

その昔、「スポーツ選手もやってた」と聞かされているだけに、足の太ももの太さは

友人の胴回りもあろうかと思われるほど・・・・・語り合う話題は尽きねど時間に限り。

 友人「いや、今日はとっても楽しかった。又寄らせてもらうよ」といとまごい。

 大男「おいおい、来たとおもたら直ぐ帰るのか、今、彼女にビール買ってきてもらう」

 友人「こんな寒い街中に彼女を使いに出し、男二人がコタツといかぬ。私が代わりに

行って来るよ」と使いに出た。外は、都会育ちの友人の身体に冷気の鞭当てて、手足

首など凍りつく。部屋に残りし彼氏と彼女、男と女やること一つ一、二、三。

 急ぎ急いで使いから、戻った友人、戻るなり「寒いよ、寒い、雪が降っている」と、

コタツの中に滑り込み。コタツの柱を握りながら身体温もる時を待つ。

 大男「外は、雪か行き止まり。ところで頼みがあるだけど・・・・・・・・・。」

 友人「どんな頼みが言うてごらん。」

 大男「あのな、君が握っているものだけど、早く放してくれないか・・・・」

 彼女は、怪訝な顔して友人を見る。言われて友人、布団をめくり、握るコタツの柱

 を見詰めてみれば、それは、大男のむき出しままの男根だった。

 友人は、この男こそ、紛れもなく「棒君寝ろ」だと思い、さっさと退散して来たと言う。 


笑えるHP ランキングに投票!

[PR]

by warau_1 | 2005-09-04 18:02 | お笑いだよ人生