<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

独身貴族の手弁当

        匂い漂う・・・・・・あれれのれ!

 若さゆえ、手当たり次第にレシピを想定、明日の手作り弁当

考える。2DKの独身世帯、優雅に暮らすその中に潤いもたらす

ひと時が静に流れて夜が更ける。

 朝もはよから弁当カバンに詰めて、昼時来るのが待ち遠しい。

 花子「山本君、何か妙な匂いしないかしら」

 事務所で向い側の席に座る熊本花子姉先輩。

 健一「はい、何やら匂いますね。」

 花子「これって、お味噌の匂いと何かが混ざった妙な匂いね」

 健一「誰かおなら出したのかな!」

 花子「そんな匂いじゃないわよ。」

 健一「食事の時間が近いから、近くのレストランからの匂いかな」

 花子「でもね。何となく近くから匂うのよね。」

 健一「先輩、妙な目で見ないで下さいよ。私、おならしてないっす。」

 花子「だから、おならじゃないと言っているでしょ。」

 健一「はい、分かっています。でも、その目つきは・・・・・」

 花子「やはり、匂いの発生源は、山本君よ。」

 健一「そりゃ、ないですよ。先輩!」

 花子「いいから、今から食事にしましょうよね。みんないないから」

 健一「はい、わかりました。」

 花子「今日は、どんなお弁当なの?」

 健一「あのー、名前がないんですよ。」

 花子「いいから見せて御覧なさいよ。」

 健一、静に手作り弁当を開くや否や花子の声が事務所内に

 花子「な、なんなのこれ!かぼちゃ、ナスにおから、味噌ダレ!」

 健一「はあ、作った時には、こんなに味噌が浮かんでなかったっす」

 花子「で、何よこの匂い。エーッ!ニンニクとゴマ入れたの!」

 健一「はい、ごまかしました。」

 花子「やだ、『田楽かぼちゃナス』というところね!」

 健一「そんな名前のお料理あるのですか?」

 花子「何も分からないんだから・・・あるわけないじゃないのさ」

 健一「何しろ、食べたいもの全部混ぜたのですよ。」

 花子「じゃ、少し味見させてくれる?」

 健一「どうぞ、たっぷり」

 花子が箸で健一の弁当のおかずを摘み一口食べるや否や

 花子「ウッ、これは、生まれて初めて口にする味だわ」

 健一「先輩、美味しいでしょう!」

 花子「お料理上手だと思っていたけど味噌つけたね。」

 健一「そうですか、にんにくでゴマかしたけれどなぁ!」

 花子「さっきの匂いの発生源は、やはりあなたよ!」

 健一「先輩の鼻は、凄いですね」

 花子「そりゃそうよ、私の鼻の穴は、伊達に大きく前向いてる

    訳じゃないんだからね」
にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-28 02:13 | 小話アラカルト

貸すも借りるも・・・・!

  神は公平なりと言うけれど・・・・・!

 バブル経済華やかりし時代に、踊り踊って金儲け、バブル弾け

ホームレス。天国・地獄を体験しつつ、命永らえ何処に行く。

 振り上げた手も降ろしどころ見当たらず、自分の頬に平手打ち。

「こんなはずではなかった」と心じゃ何度繰り返し叫んだことか

苦節十数年。

 よくよく考えてみりゃ、多額な財産狙えども、あの世に持参

できるわけもなし。そんな単純明快な事すら脳裏から消え、

バブルに踊った日々が脳裏を過ぎる。

 朝から晩まであくせくとチャンス狙って奔走し、手に乗る利益

にほくそえむ、惨めな姿が見え隠れ。

 「借りた金は返すな」との本さえ出版される時代に入り、銀行

や金融機関の不良債権処理が進むにつれて、にわかに個人

の不良債権処理がクローズアップ。

 どこかの業者が債権取り立て業務を他の業者に委託して

想定外の行動が二週間営業停止に陥る本末転倒。

 貸し付け責任問う声をさらに増幅する世論の流れ。

「貸したあんたが悪いのか、それとも借りたおいらが悪いのか」

そんな歌声聞こえそう。

 いまじゃ、「借りた金返すな」の本、繰り返し読み漁り

いつか来るだろ「いい日旅立ち」待ちわびて・・・・・・・・・・!

にほんブログ村 お笑いブログへ 
[PR]

by warau_1 | 2006-07-27 09:45 | もういいかい

犬も歩けば・・・・・

 こ こ 掘 れ、ワン ワン!

 いつになっても時代の過ぎ行く中で、犬猫ペットの変化には、

人の生活に馴染みつつ、服着て、足袋履き、靴履いて、整髪

済ませ、お犬様時代彷彿させる溺愛飼主ままあるものよ。

 たまには、ご主人様に恩返しと洒落込むペットも中にはある

とかで、井戸端会議に話の華が咲く。

 主婦A「ちょっと、聴いてくれる。お隣のコリー犬のハリーいる

     でしょ。」

 主婦B「ああ、あの茶系色の大きなコリー犬ね。知ってるわ。」

 主婦A「それがさあ、先日、怪我したのよ。」

 主婦C「交通事故にでも遭ったの?」

 主婦A「それで怪我したなら分かるけれどね。違うのよ。」

 主婦B「何があったのさ。」

 主婦A「あの利口な犬のハリーはね、飼主の通る道にある少し

     大きめの石を堀り始めたのよ。」

 主婦C「それがどうしたのよ。」

 主婦A「前足を血みどろにしながらも堀り続けているのよ。そこで、

     私、『コリーどうしたの?』と犬に声掛けたのよ。すると近く

     にいた飼主の田中さんのご主人が『何かあるみたいですよ』

     と平気で見ているのよ。」

 主婦B「まあ、田中さんの旦那様、随分、冷たいのね。」

 主婦C「それで、何がでてきたの?」

 主婦A「それがさ、犬の足から血が出るはずよねー、華道で使う

     『剣山』が出てきたのよ。」

 主婦C「なんで、そんなものにハリーも興味を持ったのかしらね!」

 主婦A「きっと、最近のほら、話題作を耳にしてるから犬なりに考え

     たのじゃないかしらね。」

 主婦C「犬が何を考えたの?」

 主婦A「まあ、『ハリーほったー、けんざん』てとこじゃないかしら!」

 主婦B「あら、どんぴしゃね。奥さん冴えているわ!」
にほんブログ村 お笑いブログへ
 
[PR]

by warau_1 | 2006-07-26 03:11 | 小話アラカルト

人の見方、様々も・・・・・

  言いして絶妙なり、その一言!>

 「渡る世間は鬼ばかり」テレビの番組じゃないけれど、見方

読み方、思い方、人それぞれに多々あれど、この世に真実

ただ一つ。いくら言葉や表情でその場凌ぎをしてみたとても

「頭かくして尻隠さず」の喩えにも似て真実変わる訳もなし。

 古来より狂言・川柳世の中揶揄する手段に、しばしば使

われ来た事は、史実が物語るもの。

 最近、「サラリーマン川柳」「OL川柳」など様々な分野で

川柳ばやり。出版各社もこぞって募集する各種川柳色々

ありて、真実見抜く視点が命。

 太郎「ねえ、ねえ、先日、A出版が川柳募集してたよ。」

 与太「うん、そういえば、テレビ番組に登場した漫才が

    川柳を言ってたよ。」

 太郎「漫才が言っていた川柳ってどんな川柳なの?」

 与太「『妻』と言う字が『毒』に見えたら倦怠期」

 太郎「そりゃ、愉快だね。それをもじって一句!」

 与太「太郎ちゃん、作ってみてよ。」

 太郎「『金』と言う字が『余』に見えたら財産家」

 与太「それもいいね。じゃ、僕の作品。『女』の字が『妾』に

    見えたら伊達男」

 太郎「なかなか、いいじゃないの!」

 与太「そういえば、もう一つ、漫才が言っていたな!」

 太郎「どんなの?」

 与太「『同級生』みんなエリート 僕ニート」

 太郎「いや!まさに真実を抉り出しているよね。」

 与太「そうなんだよ。参りましたね。」

 太郎「参ることないでしょ。」

 与太「それがさ、参るのさ。リストラにあってね。」

 太郎「そりゃ大変だ。『リストラ』で酒に溺れて『大トラ』に」

 与太「おいおい、僕のことかよ!」

 太郎「いやいや、与太君の事じゃないよ。何しろ僕は、

    『なにもせん流』だからね。」

にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-24 11:32 | お笑いだよ人生

何と何と、ゴミ屋敷!

       ゴミの中から一億円!

 年間に一度や二度のニュースの中に、ゴミ収集所やゴミ収集車

「札束入りのゴミ袋発見」のニュースが飛び出る事もある。

 そんな話題に夢膨らませ、自宅の周囲のゴミ収集所より集めた

ゴミの中、もしやもしやとまさぐる人ありき。

 夏と云わず周囲に臭うゴミの悪臭漂いて、食事も家で食べられず

外で食事をするやから。

 「宝くじ」買うより安いがいつ札束袋を見つけられるのか当て無き

ゴミ収集延々と溜めにためたるゴミの山。近隣住民排除を希望も

効く訳も無し。役所動いて片付くものならば、それにこした事もなし。

 されど持ち主「わが財産」と死守する覚悟の言動発し、近寄る者

に敵対意識剥き出しに。

 近隣住民曰く「食事のレシピは、ゴミの臭い混入し、味もそっけも

ありゃしない。食欲減退、体調不良、睡眠不足に蓄膿症、こんな

被害を放置すりゃ、『法治国家ならず放置酷家なり。』」と不平も

飛び出すゴミ屋敷。

 隣人A「参りましたな、あのゴミ屋敷!」

 隣人B「本当にね。臭いのなんのったらありゃしない。」

 隣人C「それでも、ゴミの中から1億円入り札束袋みつけたら」

 隣人A「それこそ、周囲に対して『ざまあみろ』になるよね」

 隣人C「きっと、そんな夢を見ながらゴミ収集してるかも・・・」

 隣人A「もしも、見つけたらゴミの山が倍増するかもね。」

 隣人C「その逆にゴミが消えるかも『ごみんねえ』とね。」

 隣人B「夜中に行ってゴミの山に『臭い消し』を散布するか!」

 隣人A「そんな事するなら、皆であの屋敷前にゴミ持ち寄れ

     ばいいかも。」

 隣人B「うん、賛成。『毒には毒をもって制する』だよね。」

 隣人A「家のゴミは、いい臭いするからね・・・・・・・」

 隣人C「どうして、お宅のゴミは、いい臭いなの?」

 隣人A「そりゃ、決まっているでしょ。私の名は、伊井 薫だよ」
にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-21 13:59 | 片付けられない症候群

     ああ、愛は「はかない!」

    こ こ ま で 来 た け れ ど ! 

  「時は金なり」と口にする事、多々あれど時を金にする力あれば

こその言葉なり。「愛すれど、報いるもの何も無し」と嘆くやからに

「愛」を言葉にする資格なし。

  古来より「愛は総てを捧ぐ」と現世のきまり文句を知りゃせぬか。

縛り縛られ行く道にせめて「打算捨てた愛の姿あっても良い」と願う

心に忍び寄る愛の疲れも何のその。

  太郎「三太君、恋人が出来たそうじゃないか!」

  三太「恋人なんてものじゃないよ。片思いだから・・・」

  太郎「そうか、まだ友人・知人の領域なんだ・・・・・・!」

  三太「何をどこまで進めれば恋人と言えるのかも知らないしね」

  太郎「で、どんなお付き合いしてるの」

  三太「お付き合いなんてものじゃないよ。茶飲み友達みたいな・」

  太郎「なんだ、じゃ、接吻の一つもないの?」

  三太「あるわけないよ。相手にゃ、彼氏がいるらしいしね」

  太郎「そんなの止めちゃえよ。時間と費用・労力の無駄だよ。」

  三太「太郎君は、妻帯者だからいいけれど、僕は・・・・・・。」

  太郎「まあ、『利用されて、捨てられて』にならない様にね。」

  三太「そうなっても、仕方ないよ・・・!」

  太郎「そんな弱気では、彼女を引き寄せること出来ないよ。」

  三太「しかし、僕は、『愛の虜』になっているからね。」

  太郎「よせよせ、他の女性とも付き合えよ。」

  三太「僕は、駄目なんだよ。」

  太郎「なんで?」

  三太「二股できないよ。よく言うでしょ。『愛ははかない』って!」

  太郎「えっ!」

  三太「うん、あれね、『二股はかない』誓いの言葉なのさ」

  太郎「それって、三太君の独特の解釈でしょ!」

  三太「愛は総てを捧ぐだものね・・・・・・!」  

にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-19 10:49 | お笑いだよ人生

         どこまでやれるのか!

         水は天からもらい水!

  資源不足の世の中で、生きるために不可欠な空気と水が

次々に汚染されるも悲しかりけり。「命」永らえ幾多の苦難、

乗り越えしも、いつまで続く茨道。せめて節約しなければ

身も心も救われぬ。

  節約と言えど多種多様、お金の節約、時間の節約色々

あるも空気と水の節約が見捨てられては、いないのか。

  A氏「Bさん、最近、色々節約に関心を寄せているとか」

  B氏「そうなんだよAさん」

  A氏「どんな節約しているの!」

  B氏「時間と水と空気と食事」

  A氏「おいおい、それって、総て生きるための基本要素?」

  B氏「そうなんだよ。」

  A氏「時間の節約方法は?」

  B氏「うん、一度の行動で複数案件処理すること」

  A氏「でも、食事まで節約するのは・・・・・・」

  B氏「これまで三食五杯のご飯を三杯に減少したよ」

  A氏「では、空気の節約は・・・・・・?」

  B氏「それはね、これまで1分間に二十回呼吸していたもの

     を半分にすることだよ。」

  A氏「そんなことしたら体調が悪くならないかい?」

  B氏「だから、できるだけ無駄口しない様にしてるよ。」

  A氏「では、水の節約は・・・・・・?」

  B氏「最近、色々研究と努力しているんだよ。」

  A氏「たとえば、どんな節約の仕方なの?」

  B氏「まずお風呂の湯船に水を入れるでしょ。用が終わったら

     その水で洗濯物を洗う。そして、洗濯物洗いで使った水を

     貯めて置き、植木に水をあげたり、水洗トイレの流し水の

     タンクに入れる。」

  A氏「ちょっと待ってよ。植木にその水をあげたら腐らないの」

  B氏「うん、みんな腐っちゃったよ。」

  A氏「そうだろう。じゃ、だめじゃないか」

  B氏「大丈夫、順番を変更すればいいのだからね。」

  A氏「それにしても、水洗トイレのタンクには、自動的にいつも水が

     一定量溜める様になっているのにそれにその水を入れるの」

  B氏「そう思うのが素人のあかさかだよね。」

  A氏「えっ、あかさかとは・・・・・?」

  B氏「『あさはかさ』のことさ」

  A氏「なんであさはかなの?」

  B氏「だって、タンクの水は、水道水で綺麗なものでなければ

     ならない理由がないでしょ。排出物を流すのだからね。」

  A氏「まっ、それはそうだけれどね。」

  B氏「だからタンクに水道水が流れ込まない様に止めちゃう」

  A氏「なるほどね」

  B氏「これが、私の『節約すいせん』のお話しさ!」

にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-15 09:56 | 小話アラカルト

FIFAも真っ青、頭突きの波紋

イタリア優勝もマテラッツイの心次第で・・天国・地獄?

 世界を逆巻き終了したワールド・サッカー。試合が終わっても

終わらぬ話題。フランスのヒーロー選手・ジダンの頭突き事件

いまだに尾を引くニュース紙誌。

 真相闇に埋もれていつ日の目を見ることやらわかりゃせぬ。

世界隅々話題の種で「頭突き問題」花盛り。真実知るは、

ジダンとマテラッティのみ。

 記者会見、双方受けるも真相闇の中。ジダン母親過激発言

まかり通り、火に油注ぐがごとし。

 A 氏 「ねね、例の頭突き問題の決着どうなると思う。」

 B 氏 「そりゃ、混迷を極めると思うよ。」

 A 氏 「そうかな?割と簡単に終わる気がするよ。」

 B 氏 「どうして、そう考えるの」

 A 氏 「だって、もし、この問題がまだ続くとFIFAの問題解決

     能力が疑問視されてしまうと思うんだよね。」

 B 氏 「じゃ、その決着方法は?」

 A 氏 「それは、一概に断定できるものではないけれど、多分、

      どこかで手打ちをすると思うよ。」

 B 氏 「どうして、そんな手打ちで終わると思うのかな!」

 A 氏 「それは簡単・・・・・・その方法は、じだんだよ!」

 B 氏 「おっ、きたな。でもねまてらっしゃいとなるよ。」

 A 氏 「いづれにしても、まさっかーじゃないスポーツになって

      欲しいよな!」

 B 氏 「何しろ球技だけに円く治めて欲しいよね。」

 A 氏 「うん、世界の人々がそう思っていると思うよ。」

 B 氏 「そうだよ。人類皆兄弟で、FIFAの方針も『人種差別

      反対』ののろしを掲げているのだからね。」

                  「日本駄洒落綴り方日誌」より
にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-14 10:04 | 小話アラカルト

文豪・シェークスピアも泣いている!

   タイトル変えるのもいいけれど・・・・

  「シェークスピア」と言えば、未だに演劇界では、戯作者として

芸術家として名前を知らぬ者もいやしない。著名な作品数々あれ

ど「ロミオとジュリエット」「真夏の夜の夢」「お気に召すまま」

「リヤ王」「ハムレット」「じゃじゃ馬ならし」など歴史の審査を経て

今日にも脈々と受け継がれし戯作。氏の作品には、良かれ悪し

かれ必ずと言える「知恵者」(今で言う策略家)が登場する。

 ところが最近、「シェークスピア作品が舞台上演される」との噂

を耳にやっと情報源にたどり着いた。

 私 「ねえ、光一君、シェークスピア作品が舞台公演されるの?」

光一 「うん、そうらしいよ。先輩が誘ってくれたんだ。」

 私 「いつなの!」

光一 「来月の中旬とか言っていたよ!」

 私 「で、上演される作品は、どんな作品なの?」

光一 「それが・・・・・よくわからないんだけれどね。」

 私 「ロミオとジュリエットかな・・・・・・・?」

光一 「そんな題名じゃなかったよ。」

 私 「では、ハムレット?」

光一 「似た様な題名だったけれどね。」

 私 「何とか思い出してよ。主人公には、誰がなるの」

光一 「そんな言われても・・・確かチラシには・・・・・」

 私 「ねえ、思い出してくれないかな!」

光一 「そういえば、主人公の顔は、額が禿げ上がっていたな・・」

 私 「で、だれよ。有名な方?」

光一 「あっ、思い出したよ。タイトルを」

 私 「ね、ね、早く教えてよ。」

光一 「タイトルは、『 ハ ゲ レ ッ ト 』 だったよ。」

 私 「なんだそれ!そんな作品、シェークスピア残したかな?」

光一 「先輩の説明だとハムレットをもじったらしいよ。」

 私 「そんな、それじゃ、『ロミオとジュリエット』を『ロリコンと

    ジュリエット』とか『真夏の夜の夢』を『お見合いの夜の夢』と

    言う様なものだよな・・・・・!」

光一 「これも、時代の審査の一つさ。家で純正カクテルでも飲む?」

 私 「なんでよ」

光一 「エスプリが解らないのかな?」

 私 「なんで?」

光一 「だって、シェークす純正(ピュア)だろう!」

 私 「それって、エスプリでなくて、駄洒落だ!」
にほんブログ村 お笑いブログへ

 
[PR]

by warau_1 | 2006-07-12 04:54 | ビジターエピソード

腹膨れれば・・・・・!

     日替わり、お代わり、様変わり!

 心優しき人なれば、恋してくれるお方には、せめて希望叶えて

上げたき思い馳せ、相手に質問すれば、唇ついて出る思いの丈

が、「街のホテル」に「二人旅行」、「共に暮らして見たい」とか

次から次にあふれ出し全て満すにゃよいわんわん。

  それでもチャンスあらば、「せめて一つ二つ満たしたい。」

そんな思いを寄せながら集団旅行をセッティング。

  一つの思い果てさせようと誘いて旅にでた時に、思いもかけぬ

彼氏の反応、眼も当てられぬ。

  トイレに入れど中々出てこない。四人部屋ゆえ順番待つ人並び

時間は、過ぎるとも出る気配まったくなし。

  仲間が心配になり声かけて呼べば返事と思しき音が一つ二つ

するばかり。やがて、出てきた彼氏の言うことにゃ、「心満たされ

ついつい眠りたり」と。

  仲間も嫌気さし、別に部屋を用意して、男女カップル二部屋に

別れ別れの愛のドラマが始まった。

  朝陽が昇るその時までにそれぞれ部屋で、どんな演技がなさ

れたか、当事者除いて知る由も無し。

  翌朝、食堂、浴衣姿のご挨拶、相手のカップル満足そうに

寄り添う姿もいじらしい。

  こちらの彼氏は、朝食セット目の前に静かに箸を手にするや

あれよあれよ味噌汁四杯、ご飯を五杯お代わりしたのも束の間、

彼女のおかずも平らげて、それでも少し物足りなさそう。

  「何でそんなに朝から食べられるのよ」と言われて答える答え

「どうせわたしゃかわりもの」と語る口調もべらんめい。

彼女 「ねえ、ねえ三太さん、そんなに朝から食べたら・・・・・・」

三太 「大丈夫、まだまだ、空腹さめやらず」

彼女 「どこまでいけば、満腹になるの?」

三太 「あなたを食べて、行き着くとこまで行けばね!」

 にっこり微笑み浮かべ静かに席立つお二人さん。

 朝食せずに見とれてた別のカップル腰上げて、顔を見合わせ

首かしげるも、私にゃ何のことやらサッパリ分からず。

賢明な読者諸兄は、おわかりの事と存じますが・・・・・・!
にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-07-10 14:06 | ビジターエピソード