<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お彼岸も近いのに・・・どうすれば

 気づいた時には霧の中

  人が同時にできる事には限りがあるもの。欲張る事の結末が、哀れ無残な成り行き

に泣いて良いやら笑って良いやら・・・・。

 ここにのんびり夫婦が茶を飲んで昼下がりのひと時を過ごしている。旦那様は、やがて

うつらうつらと昼寝の様子。妻は、裁縫しながらペットのワンちゃんに餌を上げ゛たり夕食

の煮物の煮付けをはじめたり。ある日の休日の様子。

 奥様、それとなく気づいて見れば、辺りが焦げ臭い。匂いをたよりに歩いて次の間に。

ドアを開くや蔓延する煙・煙。

 よくよく見れば、仏壇が燃えている。黒煙を噴き上げながら天井にすすの色を染め

ながら・・・・

旦那様「おい、何か焦げ臭くないか」

奥 様「大丈夫よ、大丈夫・・・!」

旦那様「それにしても、この匂いと煙は・・・・」

奥 様「あなた、気のせいよ。昼ねしていて、目やにでもついているのよ。」

旦那様「そうかなあ・・・・!」

あわてて仏壇の前に戻ってみると、すでに「かもん」も焼け落ちて

奥 様「うそでしょ。おお、かもん、かもん」

 仏壇の欄間に彫り込まれていた家紋は、跡形もなく灰となりにけり。

 そこで、自分の不始末と旦那様にしかられまいと、苦肉の策で欄間のあった仏壇の

前に、ひらひらのついたスカートの下の部分を切ってガムテープで貼り付けた。

 仏壇の欄間がスカートの下のひらひらにはや代わり。そこに来客ありて、

来客「いよいよ、お彼岸ですな、どれ、お宅のおじいさんにお線香を・・・」

 と仏壇の前に座った来客。

来客「ほほう、最近の仏壇は、スカートを付けるのがはやりですかね。」

奥様「はあ、まあ、その・・・お茶をどうぞ。」

来客「それにしても、モダンな仏壇ですよ。それに、お線香とは違う匂い御香まで・・」

奥様「はい、その・・・」

 と来客が「チーン」と鳴らしてお線香を仏壇に供えた途端にスカート欄間が落ちてきた。

来客「おお、お宅のおじいちゃんもお彼岸だけにあばれていますな。これぞ本当の

   『快投欄間』と言うわけだね。」

奥様「はい、おじいちゃんは、土葬だったので焼きが回ったのだと思います。」

にほんブログ村 お笑いブログへ 

面白サイト ランキング
 
[PR]

by warau_1 | 2007-07-24 02:23 | 小話アラカルト

知らぬが仏のままなら良いが・・・・

 人を只で動かす事にほくそえむ、単純老婆

 金貸し老婆が金利生活営みて、人に親切する心なし。それでも表面の体裁だけは

「いやいや、良かったね」とか発するものの、無料で声出し息するのも嫌なタイプ。

 ある日、日頃から金を僅かに貸している青年が、突然、老婆を訪ねて

青年「誠に申し訳ないが、明日の返済日を一週間延期して」との依頼。

老婆「又なの、仕方がないね。理由は?」

青年「実は、母が、急に様態が悪化して、明日、入院するから・・」

老婆「そうかい、そりゃ大変だ。早く、戻って準備してあげなくちゃね」

青年「済みません。」

 老婆、にやりとしながら青年を見送り、直ぐに青年の母親を介護している中年男子

に連絡を取り

老婆「あんた、昨日、介護で青年の家に行ったね。」

中年「そりゃ、仕事ですからね」

老婆「それがね、あんたが面倒見たから熱が上がって青年の母親が明日入院だよ

    あんた知っているのかい。部屋にゆっくり構えていても良いのかね。」

中年「そ、そりゃ様態が急変したとか、私の介護の結果とか言われりゃいかなくちゃ」

老婆「でしょ、早く行って来た方がいいよ。戻ったらどんな様子だったか教えて」

中年「うん、早速、伺ってきます。戻り次第、状況をお伝えします。」

 まじめな中年、とるものも取らずに一目散に青年の母親の下に訪問。

中年「こんにちは、ご様態が急変したのですか・・・・あれ?」

中年男性の目前に、ソファに座る青年の母の姿。

中年「あれ、様態が急変したので明日、病院に入院すると聞いたものですから・・」

母親「やだ、私は、このとおりよ。入院なぞしませんよ。誰がそんな事を?」

中年「はい、金貸しの老婆さんが血相変えて私の部屋まで訪ねてきたから」

母親「誰がそんな事を老婆さんに継げたのかしらね。」

中年「なんでも、お宅の息子さんが言いに来たといっていました。」

 そこに息子の青年が顔を出し

青年「なんかあったの?」

中年「うん、金貸し老婆が来てね『あんたが介護して熱が出て母親が明日入院』

   と言われたので、すっとんできたのさ。」

青年「ばかいいなさんな。母親は、この通り元気だよ。俺は言ってないよ。」

 その実、母親に内緒で金貸し老婆から借りた金の返済期日が迫り苦肉の嘘を

でっち上げた事がだんだん明らかに。

  中年は、それと察し、何も言わずに金貸し老婆の下へ

老婆「どうだった。明日、入院と言うのは、本当の話しだったの?」

中年「どうやら入院しないみたいよ。」

老婆「やはりね。」

 金貸し老婆は、結局、動かずして中年を無料で動かし青年の話の信憑性を確認

したのだ。

にほんブログ村 お笑いブログへ 

面白サイト ランキング
[PR]

by warau_1 | 2007-07-19 02:21 | お笑いだよ人生

いかに夫婦と言えども

 積もる責任、募る妻の声

  「妻の声聞く度に秋深し」と友人いわく尋ねしわれを、知らず知らずに

愚痴の連発流れ出て、同情するにも限界あれど、心の痛みが残るもの。

友人「やーしばらくぶりだね。」

当方「もう、三年目になるな、あれ以来。」

友人「そうなんだよ。会いたくてもね、五百円亭主では、相手に迷惑だからね。」

当方「そんな事ないよ。友人だもの。」

友人「だって、自分のお茶代ひとつ払えないからさ。」

当方「事前に言ってくれれば、いいさ。ところで、何かあったのか」

友人「何かあったどころの騒ぎじゃないよ。」

当方「そう、で・・・・・」

友人「先日、家に会社から戻るとリストラ通知が来たのさ。妻がそれを先に見て

   怒り狂ってね。」

当方「そうか、男の顔は、始末書、妻の顔は、請求書と言うからな」

友人「そっ、それなんだよ。『俺が飲み屋の姉ちゃんと仲いいから首になった』と」

当方「それとリストラと関係ないのにね。」

友人「それが大有りさ。会社の上司が彼女にくびったけ。だけど彼女嫌っているのさ」

当方「で、君の上司は、それを恨み、リストラ推薦したわけだな。」

友人「断定はできないけれど、どうやらそんな感じ。」

当方「あちらがたたなければ、こちらを倒すと言うやつだね。」

友人「まいりましたよ。どんな顔して家にいていいかわからないのさ。」

当方「いいこと教えるよ。君、主夫をやれば良い。女性のほうが就職口が多いからね。」

友人「これが本当の恋は儚いというものかな」

当方「おい、その飲み屋の姉ちゃんにも惚れているのか。」

友人「いいや、惚れられているからさ」

当方「なんで、惚れられていると分かるの?」

友人「そりゃもう、店に顔出したらピッタリ寄り添ってはなれないもの」

当方「なんか贈り物でもしたことあるの?」

友人「うん、毎回、チップあげているよ。」

当方「いくら、チップあげているの」

友人「うん、五百円」

当方「じゃ奥様から日々もらう五百円を」

友人「そう」

当方「では、昼食は、どうしているの」

友人「今月は昼食抜きなんだ。」

当方「それって、君が惚れているのじゃないのか。」

友人「妻がいてもやはり彼女がいた方が男のロマンがあるものね。」

当方「だめだこりゃ、ロマンどころかマロンもたべられやしないね」

にほんブログ村 お笑いブログへ 

面白サイト ランキング
[PR]

by warau_1 | 2007-07-11 01:43 | ビジターエピソード

出会いを求めて何千里

あの手・この手と思いを巡らせ出会い求めてさ迷えば・・・・!

どんなにお金があろうとも、どんなに地位があろうとも、男女の仲は、摩訶不思議。

藤原紀香が結婚したのも彼女が偉いからともっぱらの評判。夫の陣内氏が純なる

がゆえとの見方もある。

 さる財閥の友人ありき。どういうわけか彼女が中々決まらない。決まらぬはずと

思いきゃ、友人は、独自で彼女を見つけたそうな・・・・・

友人「なぁ、とうとう見つけたよ。捜し求めていた彼女なんだ。」

当方「どんな女性なの?写真でもあったら見せてよ。」

友人「いいとも・・・ほらね」携帯デジタル画像を自慢げに見せる彼。

当方「おい、おい、凄い美人だね。どこで見つけたの?」

友人「それがね、ヒョンなことからインターネットで見つけたのさ。」

当方「へえ、凄いサイトもあるんだね。」

友人「うん、このサイトどうやら素人が登録しているみたいなんだよ。」

当方「ぼ、僕もそのサイトを覗きたいな。」

友人「いいよ。 http://love-affairs.cc/?ue01 というアドレスなのさ」

当方「そうなの。ありがとう。僕もすばらしい彼女を見つけようかな」

友人「君には、前から片思いの女性がいるじゃないか。」

当方「でも、やはり相思相愛を求めるのは、自然の摂理じゃないかな。」

友人「まあ、とめやしないけれどね。僕は、彼女と今夜、デートなんだ。」

当方「よし、じゃ、お土産話を待っているよ。メール頂戴。」

友人「いいとも。」

  小走りに姿を消す彼にすばらしい彼女ができたことを心から喜んだ。

一方、片思いの自分の相手にそっと「浮気してもいいかな?」とたずねた。

途端に石につまづき、前のめりに倒れかかった。

 「やはり、浮気はだめよ」と彼女のいしがいしにつまづかせたと心に鞭

うって、友人からのメールを待つことにした。

にほんブログ村 お笑いブログへ 

面白サイト ランキング
[PR]

by warau_1 | 2007-07-01 17:49 | 小話アラカルト