<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

その気になったのに、はいそれまーでーよ!

博打も人生も穴だらけ、気づいたときには・・・・・・・・・!

 歌の文句じゃないけれど「その気になって捨てられて、気づいたその時にゃ、雨あられ」

そんな人生送りたくもないのは誰しも同じこと。それでもまかり通らぬこの人生。

文豪・テネシーウィリアムズの作品「サラリーマンの死」は、その典型。一世一代の資産

としての住宅取得して、住宅ローン完済したその日、玄関から外に出たとたんに車にひかれて

「はい、それまでよ」なんて人生、誰が好んで求めるものか。

 小さなことから大きな事まで天のいたずらか己の不始末か恨みか怨念か、親の因果か

知らないが、よもやよもやのことばかり。

小林「ねえねえ、高橋君、こんな悔しいことがこの世の中にあるのかね。」

高橋「どうしたんだよ。いつもの君らしくないよな」

小林「これが平成を保っていられる人がいたらめぐり合いたいよ。」

高橋「だから、どうしたというのさ」

小林「いえね、しばらくぶりで競艇に行ったのさ。」

高橋「それがどうしたのさ」

小林「だからさ、当たったのさ。2-4-1の三連で六千円も買っていた目がね。」

高橋「そりゃ、おめでとう。で、配当は、いくら付いたの?」

小林「そっそれだよ。配当が何と七千円もついたのさ。」

高橋「すると、手取り金としていくらになるの」

小林「本来なら百円に付き7000円だからその六十倍の420000万円になるさ」

高橋「そりゃすごいじゃないか」

小林「それがさ、配当を受け取ろうとして並んでいるとね、館内放送で・・・・」

高橋「何だって?」

小林「『ただいまのレースで三位の1番がレース違反行為がありましたので降着』との放送」

高橋「で、どうなったの」

小林「発売した券を全部買い戻しするとの内容さ。だから買った分の三万円だけ戻ったよ。」

高橋「いや、そりゃ残念だね。本来420000円手にしていたら大騒ぎだよね。」

小林「おら、これから家に帰って布団かぶってねちゃうよ。」

高橋「君、寝るって、まだ、午後の四時だよ。」
[PR]

by warau_1 | 2008-04-30 00:25 | お笑いだよ人生

母子の語らいとめどなく喜怒哀楽、何でもあり!

何が何でも張り合う母子のトンチンカン

 人にゃそれぞれ好き嫌い多種多様の世界にもぐりこみ、果てなく続く会話には、

何でもありの思いの世界。子供は子供の世界で、母は母の世界でそれぞれに、

思いを馳せて喜怒哀楽が次々展開あららのら。

毛目子「ダイエットしないと、お母さん、お腹が三段腹になつてるよ。」

母   「そういうあなたの顎は、三段顎よ」

毛目子「私も胸がだんだんはちきれそうなの。」

母   「そうよ、まだ12歳なんだから、そんなに胸が大きくなるとおかしいよ。」

毛目子「そんなことないよ。クラスの茶目子は、もっと大きいのよ」

母   「何を言うのよ。お母さんなんか、若いころは、胸がいくつあったと思うの」

毛目子「えっお母さんは、若いころ、おっぱい四つも五つもあったの!」

母   「そんなの化け物じゃない、あるはずないでしょ。」

毛目子「だって、『幾つあったとおもうのよ』なんていうから」

母   「悪かったわね、とにかく若いころ、1メートルもあったのだから」

毛目子「ぎゃははは、そんなに大きなおっぱい見たことないよ。歩けないでしょ」

母   「やあね、何で歩けないのよ。ちゃんと歩けましたよ。」

毛目子「えー!だって、おっぱいが1メートルも前に突き出していたら、重かったでしょ。」

母   「なにゆうとるね。そんな長いおっぱい見たことないわよ。それこそ化け物よ。

     1メートルと言ったのは、胸周りのことよ。」

毛目子「何だ、乳首がそんなに長いのかと・・・・私、赤ちゃんの時にどうやって母乳を

     もらったのか思い出そうとしたけど思い出せなかったわ。」

母   「ちゃんと普通にあげました。」

毛目子「いつも、お父さんが帰ってきたとき、私、お母さんに抱かれて母乳を飲んでいた

     わよね」

母   「そういえば、そうよね。」

毛目子「解った。」

母   「何が解ったのよ。」

毛目子「学校の国語の教科書に菊池寛という作家が書いた小説が載っていたの。」

母   「そりゃ、偉い作家の先生の作品ぐらい載っているわよ。」

毛目子「それでね、最後の方でお父さんが帰ってくるの」

母   「それと、母乳とどう関係しているのよ。」

毛目子「うん、だからね・・・・・母乳を飲むことは、『ちちかえる』なんだなあと思ったの」
[PR]

by warau_1 | 2008-04-03 22:35 | 小話アラカルト