<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あんときゃ土砂降り雨の中 !

その気になって、恋をして !

人の心にゃ間が差して、恋に堕ちる時もある。あの人この人色々あれど、本当に恋して

応えてくれるそんな人にめぐり逢えばラッキーボッキー正夢ラッキー。

 いくらその気が高まれど昔とった杵柄も時間と共にさびれつつ、いざとなれども刀は抜けぬ

抜けぬ理由は、色々あれど、本当の恋か否かに自信がなくて、チャンスは消えてなくなり候 !

花子「太郎さん、今日の感じは、とても素敵よ。」

太郎「そう言う花ちゃんは、一段と美しいね。」

花子「そんな事を言っても何も出ないわよ。」

太郎「花ちゃんと逢ってからどうももぞもぞしてしょうがないよ!」

花子「何がもぞもぞしているのよ」

太郎「あれだよ」

花子「やだ、あれってあれのこと、もう・・・・・・!」

太郎「だって・・・・いつになっても・・・・・だから」

花子「そんなこと言われたって、私から・・・求められるはずないもん」

太郎「そうか、じゃ、こちらから先手を打てば言い訳ね!」

花子「そんなの答えられない」

太郎「ああ、もう、我慢できないよ」

花子「えー!こんな真昼間に!」

太郎「これだけは、朝・昼・晩関係ないよ!」

花子「すっ、凄いのね!」

太郎「もう、耐えられないよ!じゃ、行って来る。」

花子「えっ、どこへ」

太郎「トイレ」

花子「う、もう!知らない」

太郎「えっ、待っていて」

花子「行ってらっしゃい。雨が降って来たから早くね!」

太郎「わっ、わかった!」

待つこと三分、太郎は花子の前に・・・・・・

太郎「お待たせ!ああ、すっきりした。」

花子「あら、太郎さんの靴、ニュータイプ?」

太郎「どうして?」

花子「だって、太郎さん歩く度に靴の下から何か見えるわよ」

太郎「別に何もないと思うけれど」

花子「ほら、靴が踊っているわよ」

太郎「ああ、そのことね!」

花子「なんなの?」

太郎「うん、歩いているうちに靴底が無くなったから」

花子「じゃ、さっき、ちらちら見えていたのは、ひょっとして生足?」

太郎「当たりだよ。」

花子「どうして、そのまま?」

太郎「花ちゃんに分かってほしいからさ」

花子「何を分かれば良いの」

太郎「うん、底抜けにおかしいと言うこと」

花子「あら、そりゃ、くつがえるわよ」

太郎「いえいえ、靴がなる。」

花子「どうりで、歩く度に靴が足を上ったり下がったりするわけね。」
[PR]

by warau_1 | 2011-09-15 07:43 | 小話アラカルト

分からない人ほどかわいいもの!

「右行け」と言えば「左に行く」ああ、これぞ、天邪鬼か!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011.3.11東日本大震災から半年経過、被災された皆様に心よりその悲惨に「くじけないで」と祈る気持ち

で日々過ごしお見舞いを申し上げます。また、福島原発問題の勃発により、本ブログの執筆を書く力を失い

しばらく休みました。「この惨状において、お笑いどころじゃなかろうに」と胸中に過ぎる思いがPCを開いても

本ブログを開けることもありませんでした。その間、埼玉アリーナに避難された方々のためにダンボールを

解体してコンクリートの床に敷く毛布の下敷きのために三千枚近くの板づくりなどに取り組んだりもしました。

他のボランティアの方々も、率先して手伝ってくださり、仲間になることができました。素晴らしき仲間に感謝

します。しかし、半年経過を機に被災者の皆様への応援の一助として本ブログを再開執筆することに意をけっ

しました。ご愛読下されている皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。      管理人 ロビースト
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

古人曰く「光陰矢の如し」というものの、変わらぬ習慣身に着けて、周りの変化も何のその、

目配り、気配りありゃしない。何処かで呼ぶ声聞こえても、聞こえぬ振りは、当たり前。

化粧台の前に座れども化粧するどころか、にらめっこ。「なんてあたしゃ美しい」と独り言。

にっと笑った顔は、イノシシにも似たり。

亭 主「少しは、化粧くらいしたらどうなの!」

奥 様「そういうけれど、化粧をするのは、自然の顔が見られない人がすることよ。

    見てよ、この美貌を・・・・・!」

亭 主「うん、自分で美貌を感じていれば、それでいいよ。他の人が何と思ってもね。」

奥 様「それじゃ、まるで他の人から見て、私がへちゃに見えているみたいじゃないの!」

亭 主「そ、そりゃ見る人に聞いてみなきゃわからないさ!」

奥 様「そう言うああたは、どう見ているのよ。」

亭 主「そりゃ、妻と言うのは、美人だからブスだからと言って左右されるものじゃない」

奥 様「それは、私がブスと言っているのと同じに聞こえるわ」

亭 主「何もブスとかイノシシに似ているとか思っていないよ」

奥 様「思っているからそういうイノシシと言う言葉がでるのよ」

亭 主「そんなこと言ってないよ。なんなら、もう一度鏡台の鏡をみてごらんよ」

奥 様「いやだ、見れば見るほど良い女よね、そこらの女優も真っ青よ」

亭 主「それで美人とうそぶかれりゃ、真っ青になるよ」(独り言)

奥 様「聞こえたわよ、もう、許さないからね!」

亭 主「許さないって、どうするの!」

奥 様「今夜からお食事なしよ」

亭 主「そう、じゃ、隣のラーメン屋通いになるのかな」

奥 様「ああた、ラーメン食べるお金があるなら私の化粧品を買ってよ」

亭 主「だって、自然の美を守るために化粧しないんだから化粧品いらないでしょ」

奥 様「分かったわよ、じゃ、今後、私のこの美貌を見せてあげないからね」

亭 主「ど、どうするつもり」

奥 様「こうするつもりよ!」(子供用の月光仮面のお面をかぶって見せた)

亭 主「それは、良い。それで私も落ち着けるよ!何しろイノシシよりましさ」(小声つぶやき)

奥 様「がーん!」

亭 主「イノシシも不憫だね。意のままにならずだ」(つぶやき)
[PR]

by warau_1 | 2011-09-11 22:10 | お笑いだよ人生