<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

挨拶に現れるあなたへの心

「ニッ」と笑みする挨拶もあり・・・・・・

 人の心は、見えないけれど、その気になれば、分かるもの。挨拶一つでその人の

心が透けて見えるもの・・・・・・!

 最悪なのは、挨拶しても空見て無言。これ「頭にきている証し」と言える。それほど

憎む根拠には、妬み・嫉み・嫉妬・やきもち色々あるが、最悪なのが恨み。

夫婦の間もしかり。

 最高なのが挨拶したら無言のまま、ぶっチュチュ。

夫 「おはよう」

妻 「うふふふ」と近づきブチュとキス。

夫 「何か」

妻 「とっても良かったわ」

夫 「お前も良かったよ」

妻 「素敵だったわ」

夫 「そうか・・・・!」

妻 「久しぶりだったもの」

夫 「そうだよな」

妻 「もう、痺れちゃったなあ・・・・うふふふふふ」

夫 「また、そう有りたいものだね。」

  こんな早朝会話に溢れる笑顔には、幸せ一杯・愛一杯。

  しかし、反対に亭主の浮気を疑う妻の翌朝の挨拶にゃ、火花散る散る満ちる。

夫 「おはよう」

妻 「・・・・・・・」

夫 「おはよう」

妻 「酷い人」

夫 「何が・・・・・?」

妻 「途中下車するなんて」

夫 「普段、仕事で疲れているからな!」

妻 「仕事と言う名の誰かさん通いでしょ」

夫 「何を言う。忙しい仕事だから仕方がないだろう。」

妻 「忙しくてもあれは、別なんでしょ。」

夫 「何を言いたいの」

妻 「だって、今月、ずっと途中下車だもの」

  金とあれがよその女性に流れてしまっていることを感知する妻。ばれまいとする

夫との兼ね合い。世間の夫婦にゃよくある会話も途中で夫が笑うと地獄絵に!

  仕事の世界じゃまた別の挨拶の形がごろごろ。

  上司が部下に挨拶するも様々な返事の仕方があるものだ。

上司「おはよう。鈴木君、昨晩、お疲れ様。」

鈴木「部長、おはよう御座います。本日もよろしくお願い致します。」

  これが正常位挨拶とすれば、騎乗位となると

上司「おはよう。」

鈴木「今日も頑張ってくださいよ。部長!」

とどちらが部長か分からない。

 よって、挨拶五段階活用の存在が見えてくる。

第1活用 「おはよう御座います。本日もよろしくご指導下さい。お願い申し上げます。」

第2活用 「おはよう御座います。本日もよろしくご指導下さい。」

第3活用 「おはよう御座います。」

第4活用 「おはようです。」

第5活用 「・・・・・・・・・」会釈だけ。

 挨拶がつくる一日の始まりがその日を制する。
[PR]

by warau_1 | 2011-11-29 02:43 | 笑う門には福が来る

変な一日、笑い止らず !

思っている事とやっている事のちぐはぐ

  手馴れた料理に取り組んでやればやるほど、どっちらけ。あわや痴呆かと思い悩むも

序の口で気付いたその時、まずい飯。歌の文句じゃないけれど「どうすりゃいいのさこの私」

 たまにはカレーライスを作ろうと台所に立つなり材料がにんじん・ジャガイモ・たまねぎもなし。

加えてカレールーもない事で、やおらお使いに出る最寄のコンビ二と八百屋。

 自宅に戻り袋の中見れば、買ったはずの品物の多くが殆どありゃしない。

当  方「すみません。先ほど色々買ったものですが、品物の忘れ物が・・・・」

店  員「ああ、お客さん、戻って来られると思いとってありますよ。」

  これにて一件落着と思いきや

店  員「お客さん、お財布もお忘れになったので袋に入っていますよ。」

当  方「有り難う御座います。そうか、財布もわすれたんでしたか。」

店  員「ええ、お客様の中には、たまにそうした方もおられます。気にしない方がいいですよ。」

当  方「はあ、どうも・・・・・・」

 と品物の袋を手にするとレジの前で袋から品物がぼろぼろとこぼれ落ちる。

店  員「お客様、袋のとってを両方持たないと・・・・・あああ!」

店員女性が品物を床から一つ一つ拾い始めた。

当  方「すみません、私が拾いますので・・・・・。」

店  員「気にされないで下さい。これも私の仕事ですから」

当  方「こんなはずじゃなかったのですが・・・・すみません。」

  ひたすら謝罪を繰り返すもレジ待ち客の冷たい視線、それでもある主婦が店員と共に

拾ってくれた品物。落とした時に自分で踏み潰したカレールー!それを見た店員は

店  員「あ、それは、新しいのと交換しますので・・・・・」と主婦から潰れカレールーを受け

店  員「お客様、少々お待ち下さいね」と新しいものを持参し袋に。

当  方「何から何まで有り難う御座いました。」

 食材そろえて自宅に戻り、鍋に水入れガスコンロ点火すりゃ、ブオンと炸裂音で火が消えた。

元栓締まったままで火が点く訳もなし。

 落ち着き取り戻そうとコーヒーを入れるべく準備してインスタントコーヒーに砂糖を入れて

ポットから湯を入れたつもりが水だった。

 ならばとコンロで湯を沸かし、いざカップに湯を注ぎ一口飲んでずっこけた。砂糖のはずが

塩だった。しょっぱいコーヒーの出来上がり。ああ、しょっぱいは成功のもとか・・・・・・。

 にんじん・たまねぎ・ジャガイモを洗って切る作業の後にフライパンで炒め、湯を注いで

鍋に移し、味付けに専念も、気付いた時には、カレールーを入れる前に味噌入れて、鍋を

かき回すと味噌汁の香り。

 あわてて、カレールーを投入も時、既に遅く、味噌入りカレーの出来上がり。

いざ、カレーライスと決め込むつもりがご飯を炊いていない。

 米を洗って炊飯器に入れるも仕上がり時間が待ち遠しい。ならばと再度コーヒーを

今度こそはと仕上げて飲もうとしたら、床にごろりとひっくり返し、コーヒーだらけ。

これぞゆかいな話なのか・・・・・・。

 待つこと、約四十分。ご飯も炊き上がりいつもの皿にご飯もり、カレーを掛けたその時に

携帯電話のベルが鳴り、急いで取りに行くのにカレーを乗せた皿を持ったまま携帯電話

を持った途端。するりと滑った携帯電話。カレーの上に鎮座ました携帯電話。

ぬるぬる携帯電話を握りつつ仕事の話しも何処へやら。
[PR]

by warau_1 | 2011-11-24 02:59 | 小話アラカルト

成田山 詣での珍百景

出物・腫れ物ところ嫌わず !

日頃、意図せずに何かの際に生理現象ままあるも、人の状況ままならず。その昔、大学受験

を前にして、友人連れ添い年末から元旦にかけて成田山新勝寺に初詣。当時、ご本尊もむき出し

で、投げた賽銭目の中に。これで受験成功と確信深めて帰り来ぬ。

 とき既にうん十年の年月を経て、久々成田山詣でに意を決し、年輩者と共に成田山詣で。

 下から見上げる階段は、天にも続く階段さながら・・・・・・。

 えっちらこっちら力を込めて階段踏みしめながら登りたり。やっと登ったその時に最後の階段

踏みしめるやいなや、ちょいと出ました爆裂音「ぼわっ!」と・・・・・・・・・田舎の肥やしの臭い。

 すれ違いに階段を降りかけたお婆さんがその音に

お婆さん「おおおおおおおおおおお!」と階段に腰を下ろしてしまった。

当  方「大丈夫ですか」

お婆さん「あんた、元気があるね!」

当  方「聞こえましたか」

お婆さん「そりゃ、聴くなと言われても聞こえるよ。あの音は・・・・・・」

当  方「さあ、お立ち下さい。お手を持ちます。」

お婆さん「臭い移らないかね」

当  方「大丈夫ですよ。まだ、尻を触っていませんからね」

お婆さん「そうかい、それなら、よっこらしょ」と腰を上げるや否やプピー!

当  方「可愛いお孫様の声ですかね。」

お婆さん「やだわ、お孫さんだなんて・・・・私の娘が御礼を言ったのよ」そこに連れ年輩者が

連れ年輩「あの音で、よくぞ階段から転げ落ちなかったものですね。」

お婆さん「そりゃもう、尻に溜まっている重みでね座り込みましたよ。」

  とお婆さんを無事に階段の手すりに手当てして、いざご本尊に向かうと年輩女性観光客の

集団が写真撮り終え階段に向かって来る。

連れ年輩「おお、女優さんの様な美人ばかりの方々だ」

観 光 客「あら、皆さんそうなのよ。美人ばかりよ。昔はね。」

連れ年輩「いえいえ、どうして皆さん美しいですとも、お召しの着物がね。」

 こんな会話に思い出すボードビリアン綾小路氏の「あれから四十年」の一言。
[PR]

by warau_1 | 2011-11-23 05:49 | 小話アラカルト

歌に文句を語るも切ないが・・・・・・・!

古今東西、歌の文句にゃ夢があり、頭じゃ分からぬものもある・・・・・・!

心の荒むひと時を音楽耳に流し込み、心癒せる時もある。それでも心乱れる時もある。

谷村新司氏の「昴」のメロディー聴きながらふと歌詞を見ながら口ずさむ。

 「目を閉じて何も見えず・・・・」考えれば、目を閉じたら何も見えないのが普通、見えたら

可笑しいの。「哀しくて目を開ければ・・・・」哀しくなくても疲れるからめを開けるのさ。

「開けなければ、眠くなるだけ・・・・・・・」そして「荒野に向かう道より見えるものはなし・・・」

となれば、雲は、空は、何処に行ったのと言いたくなるのさ。

 『嗚呼 砕け散る宿命の星たちよ。』ほら、何も見えないと言っていたのに星が見えてる

様だ。

 「せめて密やかに この身を照らせよ」と言ったところで悠久の彼方の星に聞こえる訳

もなし。言う前に密やかに照らしているってーのに。

「我は行く 蒼白き頬のままで・・・・」飯も食わずに旅すりゃ蒼白くもなるさな。

「我は行く さらば昴よ・・・・・・」と一番が終わる。あの名曲が荒野をさ迷うホームレス

の歌と聞こえるのは、我だけか・・・・・!「我もなろうホームレス・・・・・・!」と歌えば

気も晴れるやら。

 好きな歌をくさすつもりじゃないが、何故か止まらぬラップ節、このまま続くかあの人

この人様々の笑えぬ人生次々とめぐりめぐって訪れる笑いと涙の物語。

求める人は、遠ざかり「さるもの追わず」と目を背け、気付いたその時、日が西に。

明日も出没あの人この人月の満ち引きに似て繰り返す。太古の昔より継がれ続けた

命の器。明日は、どんな器に出会うやら誰も知らないあのねのね。
[PR]

by warau_1 | 2011-11-21 01:47 | ラップ文学

役得と言う名のエロエロ !

歳をとってもあれする時は・・・・・・・・・・・・!

人にゃ、弱り目祟り目上り坂下り坂まさかの坂と色々あるも、信じるところに空き生まれ

気付いたその時、すっからかん。あったはずのものが、ありゃしない。何処に行ったと探しても

見つかるはずもなし。

乙女「ものすごく、頭にきちゃった!」

友人「乙女さん、何を頭にきているのさ」

乙女「だってさ、デジカメが壊れたから修理にだしたのよね。」

友人「それがどうしたの?なおさら、壊されてしまったとか・・・・」

乙女「違うのよ。」

友人「じれったいわね。修理やさんに犯されたの?」

乙女「見方を変えれば同じ様なものよ。」

友人「えっ、うっそーーーー!」

乙女「実はね、そのデジカメで、お風呂から出る度に私の裸体を写真に収めていたのよ」

友人「あら、ヌードモデルにでもなるつもりだったの?」

乙女「そういう事じゃないのよ。ダイエットの経過記録のつもりだったの。」

友人「そのヌード写真と修理屋さんとどんな関係があるの?」

乙女「修理に出したとき記憶カードを入れたままで出しちゃったのよ。」

友人「えっ!でも、passを入力する様に設定してたのでしょ!」

乙女「それがさ、あられもない姿でもろだしの写真も含め、全部オープン」

友人「じゃ、全て・・・・・・・ギャー!きっと、修理やさん眠れなくなったでしょうね!」

乙女「そりゃ、かなりな年齢のおじさんだけど、腰抜かしたかもね。」

友人「そりゃ、ああた、可愛そうよ。きっと自信を失ったと思うわ。」

乙女「きっと、そうだね。戻って来たデジカメの中には、まっさらの記憶カードがあった」

友人「そら、きっと・・・・今夜当たり気絶しているかもよ。」

乙女「まさか・・・・!」

友人「普通なら気絶するわよ。美しき女性のヌード写真と思いきやあれが出てるんだもん!」

乙女「やはり、あれが出ていると分かるわよね。」

友人「たがら象徴と言うのよ。」

乙女「わが国の日の丸でもあれで作ってみようかな!白地に太く・・・・とね。」

友人「ばか言ってるんじゃないの。」
[PR]

by warau_1 | 2011-11-20 13:17 | 小話アラカルト

意地悪婆さんどこまでやるの!

嘘と詭弁でただ飯、ただ酒頂いて・・・・・

 嘘とまことの狭間には、紙一重ならず三重・五重と潜む詭弁にほだされて

泣いてうらむ人もいる。はてまた、詭弁を見抜けぬ己のふがいなさに自信喪失

、眼も当てられぬ。泣いてわめいてみたものの、時、既に過ぎにけり。

 その昔、「人の人生五十年」と語り継がれて何百年。それでも、最近、食事

や健康意識高まりて、今や人生八十年。生きてりゃ何かやらなきゃと一念発起

する人もある。

はてまた、「面白可笑しく生きていりゃ、そのうち何とかなるものさ」と極楽トンボ

で過ごす人もいる。それでも折角の余生を生きるにゃ何かやらにゃと徹する婆

さんもいる。

婆さん「あんたの服の着方は、最低だね。」

息子嫁「あら、どこかおかしいのおかあさん!」

婆さん「やだね、何も気がつかないの?」

息子嫁「どこがおかしいのか、おかあさん教えて」

婆さん「そもそも、あんたの顔が可笑しいよ」

息子嫁「顔は、生まれつきですもの」

婆さん「何を言うの今じゃ、整形手術で化ける女性も多いのに」

息子嫁「じゃ、お母さん、整形手術代を負担して下さるの?」

婆さん「しかし、整形して美人に変貌できれば良いけれどね。」

息子嫁「あら、まるで私が整形しても美人になれないみたいね。」

婆さん「そりゃ、土台が悪けりゃ何しても無理じゃろね。」

息子嫁「おかあさん、そんな憎まれ口ばかり言わないで散歩でもしたら」

婆さん「あんたは、人の身体を何だと思っているの。散歩したら疲れるよ。」

息子嫁「少しは、運動しないと老化しますよ。」

婆さん「そういうあんたよりあたしゃ若いよ。あんたの様にしわしわじゃないから」

息子嫁「あら、おかあさんそういうけれど、温泉に行った時、お腹がしわしわだったわ」

婆さん「やだねこの娘は、あたしの身体を見詰めていたのかい。まあ、魅力的だからね。」

息子嫁「そうよ、とっても魅力的よ。お尻なんか特に皺垂れでさ」

婆さん「なに、そういうあんたは、ぺちゃ垂れぱいじゃろがね。」

息子嫁「私は、子育てで忙しいから神様が胸に気をとられない様にしてくれているの」

婆さん「そんな負け惜しみを言って、あんたの若さでぺちゃぱいは、イヒヒヒヒ!」

息子嫁「だって、旦那様も気にしていないもの」

婆さん「油断大敵と言うこと知らないのかね。うちの息子は昔から女の子にもてるんだから。」

息子嫁「だから私がお嫁さんになったの」

婆さん「それが間違い、大間違い。」

息子嫁「えっ、おかあさん、結婚に反対だったの?」

婆さん「あたしゃ、いつでも相手がいれば、再婚するよ。父さんもいい男だったからね。」

息子嫁「やだ、おかあさん、私たちの結婚に反対だったのと訊いたのに」

婆さん「ああ、息子とあんたの結婚のことか」

息子嫁「だって、おかあさんは、私と最初に会った時、我が家にお姫様が来てくれたと言ったでしょ。」

婆さん「そりゃ、そう言うよ。まさか我が家にお殿様が来てくれたと言ったら息子はお釜になるよ」

息子嫁「そんな・・・・・でも、私は旦那様を愛していますからね。」

婆さん「何、息子を愛する程度は、あんたにゃ負けないよ。尻に入れても痛くないからね。」

息子嫁「おかあさん、それを言うなら眼の中にでしょ。」

婆さん「ばかお言いよ、百七十センチもある息子が目に入るわきゃないよ」
[PR]

by warau_1 | 2011-11-17 16:26 | お笑いだよ人生

恋はいなもの、半端もの ?

古代より変わらぬ男女の仲

 アダムとイブの人類創世記とするあの時代より、男と女のなりわいは、変わること無きメロドラマ。

あの人、この人恋するも、打算と妄想渦巻く中で、さぐり探ってつかんだ相手、釣り上げたのは、

魚ならず「カス」ばかり。互いに思う心の内が、やがて見えりゃ、はい、それまでよ。

 恋焦がれてたどり着き、見つけた彼女の優しさに、身も心も溶けてゆく、そんな夢にほだされて

昨日も今日も求めるも姿無き人探すのは、失業者が職業見つけるにも等しい。

大田「ついに、ついに見つけたよ。俺の理想の女性なんだよ。」

飯田「そうか、しかし、太田君は、失業中だろう。彼女よりも就職先を見つけなければね。」

大田「そりゃ、そうさ、失業中の男を彼氏にする女性など居るはずがないものな。」

飯田「ところで、何処でその理想の女性を見つけたの?」

大田「それがね、今日、電車の中で顔色が優れない女性が前に立ったから席を譲った。」

飯田「そりゃ、大田君、流石だね。」

大田「するとね、その友達と言う女性が、感謝の意を示したのさ。」

飯田「本人は、気分が優れないから代わりに友人がお礼を言ったわけか。」

大田「そうなんだ。で、その場を離れようとしたら、その友達がさ・・・・・・・」

{女友「あのー、宜しければ次の駅で降りますので、ご一緒に・・・・・・・・」}

大田「『はっ、はい』と言って次の駅で二人で気分優れない彼女を支えながらホームに

   降りたのさ」

飯田「へえ、大変だったね。」

大田「その時に出会った友達の方の女性、誰だと思う?」

飯田「そりゃ、僕に分かる訳がないよ。」

大田「それがね。前田敦子ちゃんなんだね。」

飯田「えっ、AKB48のか・・・・?まさか!」

大田「まあ、本人と確認したわけじゃないけれどね。でも、そっくりだったよ!」

飯田「で、どうなったの?」

大田「彼女がさ、電話番号教えてと言うから教えたのさ。そしたら翌日、舞台

   があるから観に来てくれ、招待すると言うのさ。」

飯田「そう、そら良かったね。やはり親切にするものだね。」

大田「でね、指定された劇場に行ったのさ。」

飯田「ほう、彼女に逢えたの・・・・・!」

大田「逢えたなんてものじゃないよ。受付で名前を言ったら特等の指定席さ」

飯田「そりゃ、良いけれど、彼女とは逢えたの。」

大田「それがね、席まで来てくれたんだよ。」

飯田「じゃ、やはりAKBだったの?」

大田「そ、それがね、入った劇場が◎◎劇場でストリップ劇場だったのさ」

飯田「じゃ、特別席とは、かぶりつきか。」

大田「そうなんだよ。」

飯田「で、彼女は、ストリッパーだったのか」

大田「まあ、早い話がそうなんだよ。でも、あの優しさと物腰は、俺が捜し求めて

   来た女性なんだよ。」

飯田「まあ、最近、歳の差結婚てのがはやっているから大田ちゃんと歳の差あって

もいいかな!」

大田「でね。彼女の舞台を見ちゃったら、もう、とりこ。帆掛け舟だよ。」

飯田「太田ちゃんの気持ち分かるけれど、何しろ我々は、六十歳を過ぎているから、

   その点を考慮しないと、傷ついたら立ち上がれないよ。」

大田「それでも、今は立っているよ!」
[PR]

by warau_1 | 2011-11-15 01:24 | 恋人とエピソード

星がとっても綺麗だから・・・・・!

本当に違うのだけれど・・・・・・!

夜道行く先を照らせし月明かり、周りに無数の悠久の星空みつめりゃ、心静かに

あの人、この人想い出す。

そんな夜道に呆然と誰を待つのかかよわい乙女。視界の一部に触れたけど、夜空の

魅力に取り付かれ、デジカメ取り出し星空めがけシャッター切ろうとするやこりゃまた

大変、思いもよらず・・・・・・・・!

乙女「おっさん、何してんね!カメラなんか出して・・・・・」

当方「うん、秋の夜空の星が綺麗で見とれてね!」

乙女「なんだ、わしが綺麗で写真を無断で撮るのかと思ったぜ。」

当方「そうだね、お宅も綺麗だけれど、この夜空にゃ勝てないよ!」

乙女「なんでや、わしの方が夜空よりも綺麗やろうが・・・・」

当方「いくら美人でもあの夜空の前には、敵うものなしさ。」

乙女「そんなに綺麗かね。うちは、毎晩観てるで・・・・」

当方「お宅は、見飽きていても、私には新鮮なんだよ。」

乙女「そんな事より、おっさん、遊ばない!」

当方「ちょっと待ってよ。」

乙女「わかった、奥さん怖くて遊べないんやろ!」

当方「君ね、遊ぶ、遊ぶって何して遊ぶの?カラオケ、ボーリング?」

乙女「おっさん、すっとぼけてんのか!」

当方「今、何時と思っているの。」

乙女「まだ、夜の十時じゃん。」

当方「そんな時間に少女に遊び誘われる覚えはないよ?」

乙女「おっさん、今、少女って言ったね。」

当方「言ったよ。早くお家にお帰り。」

乙女「あのさ、それって侮辱だよね。よく街頭の下で見てみいよ!」

当方「あれ、ばばぁか・・・・・・!」

乙女「そうよ、ばばぁで悪かったわね。今年で四十歳よ。」

当方「いや、それにしたら若くみえるね。二十歳前に見えたよ。」

乙女「あんた、中々良い事言うね。気に入ったよ!」

当方「気に入られても、困るよ!」

乙女「何もせえへんから、安心しなよ。どんな写真撮ったか見せて」

当方「いいですよ。ほら!」

乙女「あっ、肖像権違反やね。」

当方「えっ、星空に肖像権があるの!」

乙女「おっさん、この下にうつっとるの、私の髪やで。だから肖像権違反。」

当方「えっ、真っ黒に下が影になっているけど・・・・・ね。」

乙女「じゃ、許してあげるから一泊させて、夫婦喧嘩して今夜帰れへんね。」

当方「そりゃ、勘弁してよ。警察署に知った刑事がいるから一泊できる様に話すよ」

乙女「やめてんか。警察署に一泊したら何も悪さしてなくても豚箱に入ったも同じや」

当方「そしたら、ビジネスホテルに泊まればいいよ。」

乙女「そんな金あるなら、こんな寒空に立っていやせんがな。」

当方「困りました。私、独身ですから、女性を泊めるわけには行きません。」

乙女「恋人も泊めたことないのんか」

当方「いや、恋人は、遠いところに居ますので・・・・」

乙女「ところで、どうでもいいけど、先刻から荷物の紐をおっさん踏んといて」

当方「あっ、ごめんなさい。これが本当のひもじいだね。」
[PR]

by warau_1 | 2011-11-14 02:09 | 小話アラカルト

待てど暮らせど来ぬその時が・・・・・・!

人の恋路を邪魔する奴は、豆腐の角に頭ぶつけて何とやら!

 老い洛の恋にゃ、根も葉もあるけれど、右を見ても左を見ても街にゃカップル溢れてる。

何処にもいないと思っていた人眼に留まり、何とかならんかどうなのか!

気をもみ膝もみごろりんこ。ああして、こうして、ああなって夢想の世界に酔いどれて

気付けば一日過ぎにけり。

 親しい友人様々がいるが、誰も知らない知らせない。分かるはずない恋心。口に出す

のも早や賞味期限過ぎたり老い洛の恋。

中村「おーい、田村君、ひさしぶりだね。」

田村「おお、中村君、その後元気だったの、連絡がとれなくて心配していたよ。」

中村「こめん、ごめん、携帯電話換えたからさ」

田村「そうか、元気だったのならいいよ。」

中村「丁度良い機会だから、報告するよ。」

田村「おいおい、改まってどうしたの」

中村「いや、おら、六十歳過ぎてるのに恋してさ」

田村「ちょっ、ちょっと待ってよ。恋したって女の人に?」

中村「そりゃ、女の人だよ。犬や豚に恋するわきゃないよ。」

田村「で、どんな感じの女性なの?」

中村「田村君も知っている蕎麦や未亡人さ!」

田村の心に刺さるその一言で清水寺の舞台から突き飛ばされた衝撃が・・・・・・

田村「そ、それで話はすすんでいるの?」

中村「そりゃね、昼食に蕎麦屋に行くたびに心躍る眼差しで毎回みつめられているよ。」

田村「それから・・・・・・」

中村「だから、その先を進めたいから田村君に力を貸してもらいたくてさ。」

田村ののどから「彼女は、俺が長いこと恋親しんでいる」と言いたいが・・・・・

田村「そうか、中々難しいよ。互いに歳が歳だからね。」

中村「そりゃ、分かっているけれどね。」

田村「あの蕎麦屋の未亡人は、美人で地域でも有名だよね。僕も知っているよ。」

中村「だから、最初に言った通り君も知っている女性さ」

 心に宿るジェラシイか、はてまた何処まで進んだ関係か分からぬままの恋談義。

あの人この人皆幸せに、なって欲しいと思うけど、まさか友達と、同じ女性に恋焦がれる

とは、お釈迦様でも知りゃしない。

中村「おい、田村君、風邪でもひいたの、顔色が急に悪くなったよ。」

田村「いや、なに、大したことはないよ・・・・・。」

中村「だからさ、私の恋が実る様に力を貸してよ。」

田村「能力ないからできるかな・・・・・・」

中村「簡単だよ、彼女の居る店に二人で行って、彼女の前で私を持ち上げて欲しいのさ」

田村「そりゃ、無理でしょ。」

中村「どうして・・・・」

田村「だって、私は、中村君を持ち上げるほど力がないよ。」

中村「いやね、持ち上げると言っても身体を持ち上げる話じゃないよ。」

田村「じゃ、なに持ち上げるの?君の御尻でも持ち上げるか・・・・・!」

中村「そうじゃないよ、彼女の前で少し褒めてくれりゃいいのさ!」

田村「そうかそうか、彼女を褒めりゃいいのね。」

中村「違うよ、分かって欲しいな・・・・・」

田村「分かったよ、泣くなよ!」

中村「泣いちゃいないさ、天から水がふってきただけだよ」

 人の恋路の切なさは、自分の恋路とダブルほど、切なくなるよほーほけきょ!
[PR]

by warau_1 | 2011-11-13 13:19 | もういいかい

金は天下の廻り物

彼氏彼女の間にも・・・・世間にゃごろごろ摩訶不思議 !

 天下国家を語れども足元ふらつきゃ、身も蓋もなし。されど無くせぬプライドあればこそ、生きるよすが


もあるという。男女の付き合いあれもこれ、ご馳走すれば、愛深まるものと錯覚する人ごーろごろ。


それでも借りを作りたくない思いから、彼女におごられたくない気持ち有り。


 鼻っ柱の強い剛女は、それ跳ね除けて、彼氏に喧嘩売っても払うと言う。金もないのに無理をして


三日三晩食うや食わず過ごす彼女の世知辛さ。


彼氏「今日は、私が食事代を支払うからね!」


彼女「いいえ、いつもご馳走になっているから今日は私が・・・・・」


彼氏「いいから、あるときゃ払うさ」


彼女「いくらご馳走になっても何もでないよ」


彼氏「何かしてもらいたくて奢る腹じゃない」


彼女「いいから、今日は私が払うの!」最悪の剣幕でカウンターに金を叩きつける


彼氏「そんなに払いたきゃ、どうぞ」


 そこまで、意地はる腹の底、見えないわけじゃないけれど、妻と決めた相手なら


借りを作れど返せるけれど、いつ離れるかわからぬ相手に借りつくりゃ、どこで何が


起こるやら・・・・・・!それだけ喧嘩を売るものの、腹の底が見え隠れ。


彼氏「じゃ、これからカラオケ行こうよ。」


彼女「カラオケ、いいわね!」


彼氏「カラオケの代金は、こちらが払うからね!」


彼女「・・・・・・・・・・・・」


彼氏「久しぶりのカラオケだから、思い切り歌ったら・・・・」


彼女「何を詠えばいいの!」


彼氏「歌は世につれ、世は歌につれと言う。好きな歌を歌えばいいさ」


  歌いはじまりゃ、腰振り、肩振り、手をふりながら、さっきの喧嘩腰もどこえやら

腰からはみ出すパンツのバンド、腰振るたびにずり落ちてしまいそう・・・・・・!
[PR]

by warau_1 | 2011-11-10 12:32 | いやいやも・・・の内