<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピエロとなりし総理大臣 !

何が何でも増税 ?

 時は平成24年、情報隠蔽されてるも知らぬままに増税路線、歴史に名前を残す

ため、増税環境づくりしつつ、自分の首を絞める総理大臣。

 ピエロと揶揄され己を知らぬ操り人形に成り下がる。日銀幹部も口にする「日本にゃ

金が有り余っている。」としかし、不景気装うために金を出しても世間に流通させず

民間金融機関の利益を支える低利資金を供給する。利益は、銀行どまり。

秘書「総理、世間は、増税反対意見が広まっています。」

総理「財務省の話では、このままなら予算執行できないと言っている。」

秘書「しかし、内閣支持率は、毎回低下しています。」

総理「内閣支持率に一喜一憂していたら政治はできない。」

秘書「日銀の裏情報では、資金が有り余っているとのことですが」

総理「財務省からは、資金がなくて予算執行に支障をきたすと言っている。」

秘書「総理が国の事を思って増税政策を打ち出しても国民は、背中を見せている」

総理「君、財務大臣を呼びたまえ」

秘書「はっ、債務大臣ですか?」

総理「財務大臣だよ。債務大臣などおらんでしょ」

秘書「申し訳け有りません。その様に聞えてしまいました。」

総理「早くしたまえ!」

秘書「もしもし、官邸ですが債務大臣に来てくださる様に総理が希望してます。」

総理「君、さいむじゃなくざいむだよ、点でだめだな !」
 
[PR]

by warau_1 | 2012-01-16 17:54 | お笑いだよ人生

年の初めの初笑い !

金のなる木があるじゃなし

 なんだかんだと

時が過ぎ、気付けば白髪、でっ尻、よれよれと二本足に杖二本加えて四本足と

なりぬれば、右や左のお嬢ちゃん目もくれるどころか逃げていく。


 夢にうなされ目がさめりゃ、元旦の朝と気がついて「初夢見たよ」と鏡に向い独り言。

 年の暮れからあの人この人みつめれば、みんな厳しく寒い顔。デフレに押しつぶ

されそな時代が深くなり役人天国震災焼け太り。

 義援金すら行方不明か隠匿か被災した者に届かぬ不条理何とする。己の所得満た

されりゃ、なおもその上望むしたたかさ。

 「こんな国にだれがした」と叫んでみても、所詮変わらぬ物事にじれてじれて

もがいても、堕ちるよ堕ちるあり地獄。

 今年こそはと初詣、十円玉を賽銭箱に投げ入れて宝くじ一億円当たれと祈る人。

神様だって採算合わぬと横向いて、当たるも当たる柱に当たる。おでこにこぶたん

こしらえて、これが本当の「よろこぶ」と駄洒落で笑う初笑い。

 人の寿命五十年と言われ来たものの、今や寿命八十年。その内、寿命百年に

なるならば、全国つづうらうらにグループホーム花盛り。

 道行く人の頭には、白髪目立つ時代が来るよ。歌の文句じゃないけれど、

廻りまわった時代の末に「亡霊大国日本」と世界より揶揄される時代も来るよ。

 ×一×二は、当たり前、×五×六次々に乗り換えていつしかいなばの白兎。

想い出アルバム広げれば、陳列された別れた伴侶の数々も、たった一度の

生涯をこれほど豊かに過したと語る言葉の空しさよ。

 最初は、グー、じゃんけんポン、二度目は浮気に悩まされ、じゃんけんポン

別れて三度目の正直と組したとて浪費癖にいたぶられ借金残され、じゃんけんポン

と四度目に義父・義母・祖父母連れ立って朝から晩まで介護に暮れる。

 明日はわが身と世話すれど息子・娘も年重ねいずこにいるかも知れぬ物語。

ああ、人生の生き様、様々あれど生きてる事に感謝すりゃ、全てが微笑みの

元となる。



 
[PR]

by warau_1 | 2012-01-10 03:07 | ラップ文学