く の 一 虎 の 巻


           <酒は飲むべし、呑まれるなかれ>

 ある出版社での「中途採用新入社員歓迎会」の場面。

女社長、三十四歳、独身。従業員13名、新入社員2名。

挨拶、乾杯終えて無礼講になるや社長の酒のピッチが急速にアップ。

この社長、「深酒、悪酔い、泣き上戸」で有名。

「だからさ、私ね、悲しくて、涙が止まらなくなってしまったのよね」

「社長、もう徳利二十本ですよ。その辺で止めた方がいいわよ。」

最も社長のお気に入りのH秘書嬢が社長を気遣う。

「何言っているのよ、せめてこんな時、のませてよ」と泣きながら秘書嬢に。

「それでさ・・・・・」社長、話を急にストップ。辺りをきょろきょろ。

「あたし、おしっこ行って来るね」と洗面所へ向けて、ふらつく足で席を立った。

秘書嬢、「社長、気おつけてね。」

「あんたの世話になるほど、酔ってなんかいないわよ」と社長、洗面所に姿を消した。

暫くして、社長が戻ってくると、一斉に周辺の客が社長に注目。

秘書嬢がどうしたのかと社長に眼を向けても、前から見る限りどこも変わった様子がない。

そこで、「社長、早く席に戻って下さい。」と秘書嬢が社長を連れ戻しに席で手を差し伸べた。

独身女社長は、席の前まで辿りついた。

後ろから見ている客がみんな笑った。秘書嬢、怪訝に思い社長の後ろを見た。

ブリーフが前だけ上がっていてスカートを巻き込み、生お尻半分出しっぱなし。

慌てて秘書嬢、「社長、しっかりして」と言うなり秘書嬢絶句。

洗面所から社長のお尻までずっとつながっているものがある。

トイレットペーパーがスカートに挟まったまま、切れずに女社長の後に付いて来て

いた。

「社長、もう」と秘書嬢、社長の身だしなみを直した。その時、社長曰く

「いいのよ、気にしないの、『長いものには巻かれろ』と言うでしょ。うぃ」

すると、独身男性新入社員曰く「これぞ、『く』の一虎の巻だ。」

これを聞いた女社長「えらい、あんた新入社員にしては、できてるね。ここにおいで」

と新入社員を近くに招くなり、接吻。そして、曰く「これが本当の『く』の一じゃ」

と席に座って眠りこけた。

こんな女社長を世間は、「馬尻(ばけつ)」と言う。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-26 01:40 | 落語だよ

電車の中での喧嘩仲裁

       < 飛んで火に入る夏の虫 >

とある日、電車の中で見知らぬ同士の二十歳代の青年が、「足を踏んで謝らない、謝った」で口論。

そこで、背広姿の紳士が仲裁。

「うるさいんだよ。お前ら。他の人の迷惑も考えろ!」

「関係ねえ爺いは、引っ込んでろ」と背の高い(180cm程度)男が紳士を睨んだ。

「おい、こら、そこのガキ、次の駅で降りろ」と紳士。

「じじいと思ってえらそうな口利くんじゃねえよ。てめえから、片付けるぞ」

「何だと、貴様、よくも言ったな、家の組の者、三十名呼んでも良いんだな。」と紳士は携帯電

話を取り出す。

背の低い(160cm程度)ヤクザ風の男が、「いや、御見それしました。」と急に元気に。

「やいやい、こちらの方に無礼な事言いやがって、てめえこちらの親分さんに謝れ!」

「いや、別に喧嘩売った訳ではありませんので、誤解しないで下さい。」途端に背の高い男は

平身低頭になり、紳士に「ぺこん」と頭を下げて、次の駅で降りた。

小柄なヤクザ風が「や、親分、ああいう生意気な小僧をびしびし、やんないとね。ところで、親

分さんは、どちらの組の方でいらっしゃいますか?」

紳士曰く「それを聞いてどうするつもりや。」

「いえ、別に悪気があってのことじゃねえです。」とヤクザ風青年。

紳士は、おもむろに「じゃ、家の組の名前を言うから良く覚えて置けよ。」

とヤクザ風青年に向かって「家の組の名前はな・・・・・・・・・」同乗している近くの乗客もじっと

聞き耳をたてているのか、次の駅に向けて走り出した電車の中は、一瞬静寂が・・・。

「組の名前は『三年B組』だ!」

真夏の出来事だけに「車中見舞い」のつもりか。紳士は、次の駅で下車。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-25 03:14 | 落語だよ

喧 嘩 男 見 参 !

    喧  嘩  社 長  見  参 !

 「暴走族の昔の仲間に殴られ今、警察もきています。社長、来てください!」

悲痛な声で豆腐屋の社長に従業員の太助から電話が入った。

豆腐屋は、朝が早いから寝ようとしていた社長。

「なに、太助、場所は、何処だ。」「公園裏です!」「よし、待ってろ、直ぐ行くから」

午後九時。公園裏。薄暗い中に十人程度の暴走族に囲まれた太助の小柄な姿。

太助が、暴走族を脱退したくて豆腐屋の従業員として雇ってもらった。

暴走族は、それが気に食わないで、もう一度暴走族に太助を戻そうとしてリンチに踏み切っ
た。すでに警官二名が仲裁に入っているが、止まらない。

そこに豆腐屋の社長が見参。「やいやい、よくも家の従業員を可愛がってくれたな、こら」と

昔、柔道とボクシングで鍛え上げた100キロの体力もある四十歳の社長。止める警官の言

葉も何のその。

片っ端から暴走族の面々を殴る蹴る投げ飛ばす。警察も手が出せないほどの早業。

暴走族全員をよれよれにした後で、転がっている連中に向けて勝ち名乗り。

「てめえらみたいなガキになめられてたまるか!えっ、一体全体、俺様を誰だと思ってやがる

んだ!」と雄叫びを上げた。

すると暴走族の一人が

「其処の豆腐屋のおじちゃんでしょ!」と言った。

社長、「そ、そうだ、豆腐屋の社長で悪かったな、」(後日談「あれさえ言わなきゃ良かった」)
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-25 02:40 | 小話アラカルト

懐かしき恋人発見!

その昔、心から溶けるほど慕った恋人。彼女は、ある時、連絡が途絶え、彼女の親族から伝

え聞くところ、結婚したと言う。心の傷口は、以来、血を流し続けたままだった。

そんなある日、渋谷の交差点を通過する一人の女性の後ろ姿が眼に止まった。

「彼女だ!」思わず心で叫び、信号を無視して追いかけた。そして近づくなり声を掛けた。

「あのーーもしやーーー」と・・・

彼女はおもむろに振り返って言った「あら、あたしの事かしら・・・・?」

振り向いた彼女は、紛れもなく、心で求め続けてきた彼女の後姿そっくりさんの

「オカマ」さんでした。

「あら、私とこれからデートしたいの?」

「いえ、あの・・・・このハンケチ落とされましたか?」

とっさに話題を変えて自分の手にしていたハンケチを「落し物」にした。

「あら、ご親切な方ね。とても嬉しいわよ。有難う。」と言って私のハンケチは、彼に持っていか

れてしまった。

きっと、そのハンケチで手を拭いたり、顔を拭いたりするのだろう。一言、告げておけば良かっ

た「今しがた、鳩にかけられた糞を拭いたばかりだからね・・・・」と。

でも、オカマさんは、私の恋人の後姿に酷似していて「うん」が良かったのかも・・・・。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-22 00:17 | 小話アラカルト

漢字の読めない悲しさがアイドルへの道だった

落語の世界で「ラブレター」という御話がある。これは、江戸時代、奉公に来ているどら息子

の話しで、ある女性から初めてのラブレターを貰い読み上げる。「恋しい恋しい」と言う文を

「変しい変しい」と読むなどのくすぐりで聴く人を楽しませる。

一方、私の「タレント・女優英才教育講座」の生徒の中に二十五歳の女性が参加。彼女、とて

も愛嬌があるし、演技もうまい。しかし、悲しいかな漢字が小学校四年生クラスのものを読む

のが精一杯。

彼女にテキスト台本を渡し、他の生徒の前である恋人の配役で読み合わせすることに・・・。

A男  「どうしても、判ってもらえないのか」

B彼女 「判るものですか」(と彼女は彼の二の腕を離す)

との場面で、ト書きを読み上げるとき(と彼女は彼の二の腕を噛み切る)と読み上げた。

稽古場は、笑いの渦。それ以来彼女は、そのクラスのアイドルになった。

カリキュラム修了後、彼女に新人クラスに残り、もう一度やってもらうことにした。

ところが新人の中に入った彼女は、ものの見事、光り輝きアイドルスター並みの素養を身に

付けていた。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-20 23:36 | 小話アラカルト

その昔、婚約者とのデートでのこと

新宿駅東口広場で婚約者と待ち合わせをしていたので、時刻の午後六時まであと五分。

向こうから女の人がニコニコ笑って近づいてくる。

それが超美人。その人が「あーら、お久しぶりね!」と親しげに手を挙げ近づいてくる。

私、真っ赤にテレながら、心では「誰だったっけ」と久々心の葛藤。記憶の海を八艘飛びで

探して見たが出てこない。

よって、名前もわからない。かといって「どなたでしたっけ」と質問するわけにもいかない。

ああ、近づいて来る。「もうだめだ」と思った瞬間、私は笑顔で小声に「どうも」と言った途端、

その美人の彼女は、私の前を通過した。後ろを見るとこれまた美人女性がいた。

記憶にないわけですよね。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-20 03:56 | 恋人とエピソード

笑いにも色々あり

その昔、フランスの哲学者ベルグソンは「笑いの哲学」と言う本を著わし残した。

ここでは、笑いにどんな種類があるのか、それがどんな意味と影響を持つものなのかを紐解いてみたい。

「笑い」には、次のに示した笑い方がある。

<心の中でのこと>

「笑いたい」・・・・・・・・・・・・・「笑い」を切望する心からの願望

「笑ってやる」・・・・・・・・・・・「笑いたくない」けど相手のために笑いを浮かべる。

「笑わずにいられない」・・・「笑いが込み上げてくる」そんな自然発生的な笑いの衝動。

<「笑い」の表情について>

「営業笑い」・・・・・・・・・・・・「笑う」けど顧客に良く思ってもらうための「意図的笑い」のこと。

「薄笑い」・・・・・・・・・・・・・・侮蔑・軽蔑などの意思表示の一つとしての表現方法

「はにかみ笑い」・・・・・・・・「照れ」などの意味が強く、不細工でも立派とのおだてへの照れ。

「微笑む」・・・・・・・・・・・・・これも「笑い」の一種で

「あざ笑い」・・・・・・・・・・・・「笑い」といっても嘲笑する笑いで相手への侮蔑・軽蔑の意を含む

「にが笑い」・・・・・・・・・・・・認めたくないけれど「黙認」の意味を込めた笑い。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-19 21:14 | 笑いの哲学

なんたって、喰わねば・・・・

太平洋戦争直後、父が戦地より帰宅して、初めてのまぐあいにより、生命の誕生にこぎ着けた私。思えば産道の中での戦い、競争は激烈だった・・・はず。何しろ数千万から一億の同僚との戦いだった(誰しもこうした戦いの末に人間として生まれてくる)。

しかし、誕生したのはいいけれど、戸籍を生まれた疎開地にするか父の本籍にするかもめにもめて、父の本籍にやっと戸籍を確保。生まれた時から実は問題児だった。お陰で一週間もの間「私生児」を経験。

一難去って又一難、生まれたものの食べるものがどうやらない。母の腹の中にいる時から「ろくなものを食べさせてもらっていなかったので予見できたはず」と言ってもまだ意識が芽生えていない時代の事。

母体から出で世の中の空気を吸ったものの、世間は「戦争直後」と言う悲惨な生活環境。いかに地方の疎開地と言え、食べるもの、着る物に不自由する時代だ。
でも、物不足に反比例して人々の心は温もりが豊富だった。

そんな中、育った私は、「食餌性アレルギー体質」と言われる面倒な体質になっていた。
母が料理する食事にラードや豚肉の細切れを僅かに使用しても私の身体には、一時間もしないうちに蕁麻疹だらけ。

その痒さといったら気が狂いそうになる。しかし、母は「お前の分だけの食事をつくるわけにはいかないの」と毎晩私の手の届かない蕁麻疹の部分を掻いてくれた。

それも毎晩のことだから痒くなる方も掻く方もたまったものではない。ならば、蕁麻疹のでない野菜料理だけにすればよい物をそうできないところが摩訶不思議。

母にすれば、父や私の兄、弟の健康を考えれば、動物性たんぱく質を与えなければ、健康を害するとおもいこんでいたのでしょう。それに、当時、肉類では、豚細切れが一番安くて量も多かったらしい。

なぜ蕁麻疹が出るのか最近判ったことだけど、動物性たんぱく質を体内で消化するためには、胆汁が必要。私の体内では、胆汁の放出量が少ない。よって、消化できないものを、体内では、皮下に送り出す。これすなわち「蕁麻疹」となって、痒くてたまらなくなる。

この痒くする理由は、蕁麻疹を掻く事で放出された油分が細分化され、排出作業に適する粒子に分断される。摂取された油の量にもよるが、睡眠時間分はたっぷりかかる。

大人になって、新婚早々、朝食時、妻は「あなた朝食よ」とテーブルにはハンバーグと玉子焼き、トースト、ミルクと並んでいる。

思わず私は質問した「このハンバーグ、豚肉との合挽きでは?」と。「いいえ、牛肉よ」で一口食べた途端「これ豚肉との合挽きだ。なぜ、私がアレルギーあること知っているのに・・」と文句。すると妻笑いながら「どうして判るのよ」と苦笑い。

悲しいかな妻ですら「食餌性アレルギー」がことほど左様に理解しない。したくない。隣人知人であればなおのこと。

アレルギー体質でお悩みの方、判ってくれる人を探しましょう。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-19 14:17 | お笑いだよ人生

店子(たなこ)

1.  大家の大工
  
  私の部屋の奥の棚に書籍が積んである。これがどういうわけか、支えが取れて落ちちゃっ  た。で、大家さんに言ったところ「直してあげるよ。」と大工道具持ち込んでトンカントンカ   ン。
  大家「すみません、ここを抑えていてくれますか」と板の底を指差した。
  「いいとも」と支える事五分。
  「もういいですか?」と大家に聞くと
  「さあ、できたよ」
  早速、物を載せてみた。棚板が直ぐ落ちた。
  「大家さん、また棚壊れた」と告げると、大家曰く「おやおや、棚に物を乗せたね、それじゃ  だめだ。」
  私の捨て台詞「ああ、これが本当の棚子だな・・・・・・」とね。

2. 子供の頃の遊び
  
  よく小学校仲間とかくれんぼをやったものだ。思い出すのは、小学校五年。自宅近くの公  園で女の子三人、男の子四人の計七人でかくれんぼ。
  私が鬼になって皆を探す事に・・・・「もう良いかい!」「まあーだーだよ」と何度か繰り返し  ているうちに「もういいよ!」と聞こえ、次々に見つけた。
  最後の女の子一人が見つからない。
  そのうちお尻だけ鶏小屋から出ているのを見つけて「ほら、みーつけた」とお尻を捕まえ   た。
  「この子は、やな子だね、人の
  お尻捕まえて・・・・」と知ってる叔母ちゃんに睨まれた。
  良く考えて見れば小学校五年生の尻にしては、大き過ぎたと思った。
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-18 17:11 | もういいかい

笑いは心の壁をとり去る

一日一善、一日一笑、一日一回ブログ笑うワン


いろいろ日常生活の中には、笑いがこみ上げてくるエピソードがごろごろ
そんなエピソードをこのサイトに集めてみよう。

URL:warau1は「笑うわん」と言う意味ですので、覚えていてくださいね。

「笑っていて電車を乗り越すなんてざらにあるけれど、恋人電車に落としてくる人稀にあり。」
とこんなエピソードだけでなく、心ぬくもる笑いも・・・・・。

「八十歳のおじいさん、どうしてそんなにお金を貯蓄するの?」とお孫さん。これにじいさん答えて「うん、老後の備えだよ」という何気ない言葉のやりとりの中にほほえましい温もりがある。そんなエピソードで心を満腹にしてもらいたいために、本サイトは作成されましたので、毎日、立ち寄ってね。

一日一膳、一日一笑、一日一度ブログ。 
[PR]

# by warau_1 | 2004-10-18 16:06 | 笑う門には福が来る