タグ:ハッカー ( 2 ) タグの人気記事

いいわいいわで過ごした結果・・・・・・・・!

時の経つまま、気の向くままで何もなくなる人生もある !

生まれたこの世が悪いのか、生んだ親が悪いのか。親の因果か子に報い、生まれた顔に異変が生じ

親も慌てて医者に頼み込み手術して、何もなかった様に取り繕ったが、子供の心の中まで異変があるとは

お釈迦さまでも気がつかず。歳をとってニョッキリと異変の虫が頭をもたげ、悪さ百倍、罪悪感ゼロ。

この世に友達もなく、親の脛をかじり続け時折、人妻からの誘いに乗って、小遣い稼ぎにベットイン。

帰りに小遣い戴いて握り締め、何の罪も感じない。結婚などに関しては、「自分の人生しばるよな、馬鹿な真

似をしたくないよ」と強がって、その実、心は孤独な砂漠。

 暇をもてあそぶ中で、インターネットを活用し、昔から慣れ親しんだ杵柄で、他人の生活のぞき見るそんな

趣味に明け暮れて、心の中まで腐る日々。

 腐れば臭いをあたりに撒き散らし、電車に乗ることさえもままならぬ。親にねだって買ったワゴン車で走り

回るも行く宛てもなし。

 人の道に反する生き方している自覚もありゃしない。見るもの、聞くもの、会う人々すべて自分より以下の

能力と侮蔑しているけれど、その実、何も出きやせぬ。

 心のゆがみが歳重ねる毎に重症になり、気づいたその時、薬中毒患者。欝の薬と称して服用する薬も

MDMA。好きな女性タレント独占思考。誰にも渡したくないと豪語するも何の動きもできやせぬ。

 薬に嵌った病人に世間が振り向くはずもなく、ますます悪さを繰り広げ、電力会社のネットワークへの

アクセス・パスワードも入手して、他人の生活のぞき見るだけがせめてもの慰みとなる。

 電源ネットから進入すれば、ターゲットのお宅の電源ソケットに何が接続されているのか記号で表示。

それを検索すれば、記号は、トースターなのかバイブレーターなのか、クーラーか、コンピュータかが直ぐ

わかる。

 コンピュータともなれば、不法侵入と知りつつも、ターゲットの人物のファイルを覗き、金になりそうなデータ

盗み出し、先に売って金にする。

 まさかガセネタとも知らずにネタ売って、後から買主に金を返せと攻めたてられて、挙句の果てに外にも

でられず行くあてもなし。 

 そんな自分を誰かが救ってくれると思う心があつかましい。すでに司法の手が身近に迫っていることも知ら

ずにハッカーと洒落込んでいるふりしながらコンピュータに向かう姿を親に見せ、あたかもでかいビジネスして

ると錯覚させて、パラサイトを続ける四十代。

 親は、生まれたその子の顔を忘れまじ。何があっても本人の言うがまま。それが本当の愛情どころか悪者

製造になっていることを知る術もなし。かくして司法の手にゆだねられるその日まで、電源ネットで侵入繰り

返す哀れな男の人生がやがて終着駅にたどり着く。                  合掌
[PR]

by warau_1 | 2009-08-20 14:07 | お笑いだよ人生

ハッカーバッカーノータリン  !

人のPC覗き込み、にやにやけたけた、ご苦労さん !

人に後ろ指さされぬ様に学校の先生、両親教えるものを、生まれもっての欠落部分、親も周りも

甘やかし、気づいた時には、時すでに遅し、四十超えたパラサイト。小遣い欲しくなりゃ、人妻に

電話して、お役果たして三万円。家に帰れば、両親の前でPCに向かい、あたかも高度な仕事してる

よな、そんなポーズをしてさえすれば、家庭の中ではおえらさん。

 その実、やってることが、ハッカーまがいの他人のPC覗くこと。小学四年生ごろからPCゲームに

目覚め、自分以外をすべて侮蔑しなきゃいられない精神的にも狂い咲き。

 「結婚・就職なんか、馬鹿らしい」と豪語するも誰にも相手にされず、PCだけが心のよりどころ。

そんな自分の仕業が警察にばれたら捕まることも百も承知のこんこんちき。

「捕まえられるなら捕まえてみろ。はっきり証拠も示せぬくせに」と周りに吹聴するやから。

 こんな悲しく・わびしい人生を両親知るはずもなし。自分を相手にしなかった人々のPCさぐり当て

電力会社の提供する電源ネット・データベースに入るIDパスワードを電話関連会社の幹部から

入手したのを良いことに、片っ端から電源ソケットからPCに入り込み、他人のデータ盗み取り、

夜中に一人ほくそ笑む。

 素人聞いても「そんな事実があるかいな」と信用されないことを百も承知で盗み見て、たまには、

人妻の裸の写真まで盗み見る。

 そんなファイルをWEBにファイル。普段君子の顔しているくせに、その実、もっての外の色事師。

これぞまさに「君子豹変」そのものなり。

 天国から見つめる神様、あきれ果て、余りの酷さに絶句して、流した涙が雨となり地上に降りて、

水に流そうとするも、次から次のPCハッカーの悪さの激しさに、ついに神の逆鱗が降臨する日が

近づいた。誰も抑えられぬと高くくるPCハッカー哀れなり。

 他人が美人の彼女と交際してりゃ、妬み・嫉みで彼女との連絡方法まさぐりて、HNで彼女とWEB

で交信し、付き合う人の悪口三昧メールして、自分に心を寄せさせる手立てを立てる日々続く。

 それでも彼女が振り向かずやむなく「オフ会」と称して彼女との面談機会を作ろうとやっきになって

誘い出す。それでも彼女に相手にされず「おわり名古屋は、おれでもつ」とばかりに彼女のPCに飛び

込んで、嫌がらせ三昧やりほけて、残るものは、寂しさと孤独と空しさばかりなり。

 かつて、友人と自宅近くの喫茶店、午後四時の待ち合わせに、中々到着しないからハッカーの自宅

に電話した友人に「あの子は、今、お風呂に入っています」と語る母親の何も知らない惨めさよ。

 やがて、法の番人に両腕を鎖でつながれた息子を見るなり「『家の子』に限ってそんな事ありゃしない」

と嘆く姿が目に浮かぶ。
[PR]

by warau_1 | 2009-03-30 00:23 | ラップ文学