タグ:ホームレス ( 3 ) タグの人気記事

泣いても笑っても人生一度

風の吹くまま、気の向くままに

  新型ウィルス蔓延し、景気低迷何のその、マスク業界、ワクチン製造薬品会社フル創業。

何処のどいつが開発したか鳥インフルエンザウィルスを豚の体内でさらに培養し、新型ウィルス

誕生させて、しこたまもうける奴もいる。

  一度の人生だから、だめだめだめと様々禁止され、生きてる喜び縮まるだけだ。そこに不景気

津波が被さりて、住むとこ、食う当てありゃしない。ここで、新型ウィルスに身体侵され見る影もなし。

どうせ、夢も希望も失せるなら、一層、荒川に飛び込んでと水に浸かれば冷たくて、例え飛び込ん

でも泳いでしまう。どうすりゃいいのさ失業地獄。

路上で生活するも仕方がないよと一晩過ごして気がついた。

 コンビ二やスーパーの賞味期限切れ商品の廃棄物でも食べれば良いと店先うろちょろしたところ。

先客万来身も蓋もなし。

 どこで道間違えたか、見知らぬ公園にたどり着きたるこの足もやがて疲労にベンチに腰掛けて

空腹抑えて眠るだけ。

 朝日に照らされ目が覚めて、周りにゃホームレス集団ゴーロゴロ。何かと思えば炊き出しあると人の

言う。ついでに行列にならんでみれば、無料で食事にありつける。配る食事は、パン・ジュース。

キリスト教の協会主催と聞いて、神の助けと思うもつかの間「神を信じなさい」と説教が延々と始まり

じっと聴く義理もつホームレス集団。

 「人が良いからホームレスになったのだ」とつくづく思うも食事にあり付けた感謝の気持ちなのか。

そんな姿を横目に通り過ぎる通行人。思わず「あんたも並んでみろよ」と言いたくもなる。

 人の命は、天よりの授かりものと祖父母や親に教えられたものが、自分の命を粗末にする自殺者

後を絶たずに年間三万人超。見て見ぬ振りする行政・政府。何処まで共存意識が消えてしまうのか。

 戦後に物無き時代、隣近所と力を合わせ生き抜く姿は、珍しくもなし。今じゃ「隣の人は何する人ぞ」

とばかりに知らん顔。

 カネ・カネ・カネとむしりとる強盗・詐欺も次から次に手口を変えて、奪われた資金が三百億円。そんな

傍ら産業廃棄物から万円札がわんさか飛び出す奇妙奇天烈珍事がごろごろ。

 なんだかんだとカネがあっても幸せつかめず壁に塗りこみ隠したつもりが、忘れてそのまま、あのまま。

本当の幸せ知らずに去った怨み節。

 カネがあればあるで悩みも深く、無ければ無いでまた苦痛。魂磨く試練の続きに耐えかねて、親族

殺人次から次にとまることすらありゃしない。

 たった、一度の人生を自分でボロボロにしくさって、最後にゃ他人のせいにする哀れな人間に成り下がり

人知れずに他界するなど惨め過ぎやしませんか。

 人の命と挿げ替えできぬ人生だから、僅かで良いから幸せ感じ、生きてることへの感謝をしなきゃ、命

を授けてくれた神様に言い訳できぬ。

 不景気なのに何故か政府は、景気は持ち直しつつあるなどと、出まかせばかりで真実語ろうとせず、

国民の懐薄くなるばかり。「こんな世の中に誰がした」と幾ら叫んでみたところで、所詮、負け犬の遠吠え

と口を塞ぐおとなしき人々は、もくもくとホームレス集団に参加する。行き倒れても誰も涙の一粒も流す

者さえありゃしない。「それでいいのだ」と自分に言い聞かせながら、体力消耗避けるため、公園の片隅

にダンボール集めて夜風をしのぐ。明日の命を賄う術もなきままに。

 夜道に落ちてたバナナを拾えば、おもちゃのゴム製品。食えぬと知りながらも口にする。叫び様にも

空腹に声も涙も出やしない。出るのは、愚痴とオナラとオシッコだけ。しばらくウンチも出ていない。

 食べなきゃ出るはずもなし。
[PR]

by warau_1 | 2009-06-10 02:02 | ラップ文学

定額給付金で間に合う訳もなし!

借りた俺が悪いのか、貸したあなたが悪いのか!

どこで道間違えたか借金地獄、デフレの最中に稼いでも次から次への返済催促で

入った資金は、右から左。流れ流れてどこへ行く。泣いて救われるものならば、何日

でも泣きはらす。泣いて解決つかぬ故、自己破産せよと人は言う。自己破産するにも

金がいる。そんな金ありゃ返済に回す。矛盾だらけのこの世には、未練もないよと腹

くくり、川を見つめてよからぬ事を考える。それでも「冷たそうだよ」と脳裏をよぎる。

それなら高いビルから人っ飛びとおもいきや、えらく痛そうで、これもだめ。

せめて、定額給付金をもらって、一時しのぎして、ゆっくり考えようと、帰る家もありゃしない。

夜空を仰いで空腹我慢、明日には、明るい日がくるものと静かに眠りにつこうにも

心と腹に沁みる北風が何故か首元で渦を巻く。

 人の心は、見て見ぬ振りに馴れ、ホームレスと侮蔑の眼差し注ぎつつ無言で

立ち去る夜の道。リストラされても生きている時間は、だまって経過する。

 「こんな私に誰がした」つぶやく一言、空しく消えて夜風が運ぶネオン街。

時は流れていつまでも、向かい風が止まぬまま、朝がやってくる。

ホームレスA 「お宅もリストラ組ですか」

ホームレスB 「いえね、仕事なくした野良猫みたいなものですよ。」

ホームレスA 「そんな投げやりにならないほうがいいですよ。山の遭難みたいなものだから」

ホームレスB 「そうなんですよ。やまがはずれて、このざまですからね。」

ホームレスA 「助けのザイルが届くまでじっと我慢するのが一番ですよ。」

ホームレスB 「そういうお宅もさむそうですね。」

ホームレスA 「寒そうなんてものじゃないですよ。凍てつく思いですわ」

ホームレスB 「私の上着を貸しましょうか。」

ホームレスA 「そんなことすりゃ、お宅が風邪引き、もちないですよ。」

ホームレスB 「持つか持たぬかやってみなきゃわかりゃしません。」

ホームレスA 「では、少しの間だけでもお借りしますわ」

ホームレスB 「どうぞ、どうぞ。私の汗の臭いが臭いかも・・・・・・」

ホームレスA 「臭いくらいは、ご同様だから、気にしませんよ。おおお、暖か・・・・・!」

こんな悲劇の中だから相手を思う心も生まれるものの、所得万端ならば、素通りする

人のエゴの裏悲しさよ。

 道を歩けば、自転車、自動車が邪魔、車に乗れば歩く人が邪魔。自分だけの世界を

見つめるやからの愚痴が聞こえてくるわ。

 せめて、定額給付金をいただくまでは、死ねないと路上の片隅に身を丸める若者二人。

二月一日に支給とされる定額給付金、至急支払えるのか疑問が残る。

 それまで、路上生活待てるのでしょうか・・・・・・・・・・・・・・!合掌
[PR]

by warau_1 | 2009-01-08 23:33 | お笑いだよ人生

喉自慢と思いきや・・・・・・びっくり仰天だ!

なせばなる何事も・・・・・・・本当かな!

人の心に宿るのは、喜怒哀楽ひきこもごも、憂さを晴らす方法もより取り見取りと各種ある

けれど、気づいてみれば、差のないことばかり。そこで、父ちゃん考えた、カラオケにもぐって

憂さ晴らし。一人で歌って一人で癒し、ついでに自分の歌をテープレコーダに収録し、二時間

息も切らさず次から次に。それでも収録できた曲数17曲。

 一人夜道を帰るのも、なんとわなしに切なくて、近くの公園の椅子に腰掛けて、一服しながら

テープレコーダを再生してみると、以外や以外、自分の歌に聞き惚れて・・・・・・・・!

当    方  「いい曲だな・・・・・・・」(独り言)

 ホームレス  「まったくだよな・・・・・!」(隣に座りながら・・・)

 当    方  「そうですよね。まったくいい歌がありますよね。」

 ホームレス  「兄さん、ところで、この歌を歌っている人は、誰かね」

 当    方  「はあ、誰でしょうかね・・・・!」

ホームレス  「中々うまいもんだよね。」

 当    方  「それほどでもありませんけれどね。」

 ホームレス  「いやいや、どうして、うまいもんだぜ!」

当    方  「実は、これ歌っているのは、わたくしなんですよね。」

 ホームレス  「なに、兄さんが歌っているのか・・・・歌手かい?」

当    方  「そんな、普通の会社員ですよ。旦那さんジュース飲むならこれで・・・」

 ホームレス  「いや、兄さん、見ず知らずの人にご馳走になるなんて・・・・」

 当    方  「まあ、袖すり合うも何かの縁、いいじゃないですか。」

 ホームレス  「そう言われると、うれしくなるよ。じゃ、甘えて・・・・」(ジュースを買いに)

 当    方  「少し、疲れも取れてきたから、ここで失礼しますよ。」

 ホームレス  「そうか、ご馳走になって申し訳なかったね。」

 当    方  「いえいえ、こちらこそ、つたない歌を聞いてもらって・・・・」

        と立ち上がり、公園のテーブルの周りを見渡すとホームレスの老若男女が数名

        取り囲んでいる。

 ホームレス  「気にしなくていいよ。皆仲間だからね。」

 当    方  「いや、驚きました。」

 別ホームレス「いや、兄さん、驚くことはありゃしねえよ。皆人間だからよ。」

 当    方 「色々うるさくしてごめんなさい。」

 別ホームレス「いいや、久しぶりでいい歌声をみんなで聞かせてもらい、こちらこそ礼を言

        わなきゃね。」

 当    方  「そんな、そう言われると・・・・・みんなでジュース飲んでください。」(千円出し)

 別ホームレス「いいや、そんなつもりで・・・・・・・じゃ、せっかくだから・・・・」


        ひと時のふれあいの中に生まれた笑いだった。その気になれば、テープに
  
      収録した歌も別の意味における癒しとなったのか・・・・・・。これぞ、本当のノンプロ

      テープライブと胸に抱いて戻った。



         
[PR]

by warau_1 | 2008-08-15 19:08 | お笑いだよ人生