タグ:恋人 ( 2 ) タグの人気記事

星がとっても綺麗だから・・・・・!

本当に違うのだけれど・・・・・・!

夜道行く先を照らせし月明かり、周りに無数の悠久の星空みつめりゃ、心静かに

あの人、この人想い出す。

そんな夜道に呆然と誰を待つのかかよわい乙女。視界の一部に触れたけど、夜空の

魅力に取り付かれ、デジカメ取り出し星空めがけシャッター切ろうとするやこりゃまた

大変、思いもよらず・・・・・・・・!

乙女「おっさん、何してんね!カメラなんか出して・・・・・」

当方「うん、秋の夜空の星が綺麗で見とれてね!」

乙女「なんだ、わしが綺麗で写真を無断で撮るのかと思ったぜ。」

当方「そうだね、お宅も綺麗だけれど、この夜空にゃ勝てないよ!」

乙女「なんでや、わしの方が夜空よりも綺麗やろうが・・・・」

当方「いくら美人でもあの夜空の前には、敵うものなしさ。」

乙女「そんなに綺麗かね。うちは、毎晩観てるで・・・・」

当方「お宅は、見飽きていても、私には新鮮なんだよ。」

乙女「そんな事より、おっさん、遊ばない!」

当方「ちょっと待ってよ。」

乙女「わかった、奥さん怖くて遊べないんやろ!」

当方「君ね、遊ぶ、遊ぶって何して遊ぶの?カラオケ、ボーリング?」

乙女「おっさん、すっとぼけてんのか!」

当方「今、何時と思っているの。」

乙女「まだ、夜の十時じゃん。」

当方「そんな時間に少女に遊び誘われる覚えはないよ?」

乙女「おっさん、今、少女って言ったね。」

当方「言ったよ。早くお家にお帰り。」

乙女「あのさ、それって侮辱だよね。よく街頭の下で見てみいよ!」

当方「あれ、ばばぁか・・・・・・!」

乙女「そうよ、ばばぁで悪かったわね。今年で四十歳よ。」

当方「いや、それにしたら若くみえるね。二十歳前に見えたよ。」

乙女「あんた、中々良い事言うね。気に入ったよ!」

当方「気に入られても、困るよ!」

乙女「何もせえへんから、安心しなよ。どんな写真撮ったか見せて」

当方「いいですよ。ほら!」

乙女「あっ、肖像権違反やね。」

当方「えっ、星空に肖像権があるの!」

乙女「おっさん、この下にうつっとるの、私の髪やで。だから肖像権違反。」

当方「えっ、真っ黒に下が影になっているけど・・・・・ね。」

乙女「じゃ、許してあげるから一泊させて、夫婦喧嘩して今夜帰れへんね。」

当方「そりゃ、勘弁してよ。警察署に知った刑事がいるから一泊できる様に話すよ」

乙女「やめてんか。警察署に一泊したら何も悪さしてなくても豚箱に入ったも同じや」

当方「そしたら、ビジネスホテルに泊まればいいよ。」

乙女「そんな金あるなら、こんな寒空に立っていやせんがな。」

当方「困りました。私、独身ですから、女性を泊めるわけには行きません。」

乙女「恋人も泊めたことないのんか」

当方「いや、恋人は、遠いところに居ますので・・・・」

乙女「ところで、どうでもいいけど、先刻から荷物の紐をおっさん踏んといて」

当方「あっ、ごめんなさい。これが本当のひもじいだね。」
[PR]

by warau_1 | 2011-11-14 02:09 | 小話アラカルト

何処にでもあるよな「笑い」の裏に・・・・・

とことんどっこい、スットントン

 人の一日、長いの短いのとごたく並べている内は、何も変わらず変えやせぬ。

あの人、この人、好き嫌い十人十色と言うけれど、見た目で決めた付き合いも

深くなればなるほど、「ふかく」と思う人もいる。

 恋に焦がれて朝昼晩、仕事も手につかずに頭の中身は、あの人の事で一杯。

妬いて妬かれている内は、脈も愛もそこそこなのに、無視され無言の時が来て、

互いの心が覚めてゆく。これじゃ、互いに力を合わせ墓石も買えやせぬ。

これ、即ち「はか無い恋なのか・・・・!」

 とある霊園にかの人の親族が眠る。心寄せたるかの人の忘れ形見と思えこそ、

墓参に参りその時に、かの人の息子曰く

息子「先日、母と共に墓参に来たその時に、母に言ったんだ。」

山田「おいおい、何を言ったのかい」

息子「あのね、『山田さんも家のお墓に迎えたら良いね。』と言ったのさ」

山田「だって、私は、君のお母さんと結婚していないよ。で、お母さんは・・」

息子「『ばか、言ってんじゃないよ・・!』だって!おーこられちゃった!」

山田「僕の実家に既に墓はあるよ。君の気持ちは嬉しいけれど・・・」

息子「だって、山田さんは、この十年間、僕の父親代わりだったでしょ。」

山田「どう君が感じているのか知らないが、君のお母さんは、私の心の妻」

息子「でしょ、でしょ。だから、死んでも一緒のお墓に入りたいな。」

山田「その気持ちをもらっとく。私は、今でも君のお母さんを愛しているし

   その息子である君の事も当然、目に入れても痛くないほど愛してる」

息子「えへ、そんな事言われたら、プロポーズされているみたい。」

山田「大丈夫、私は、その趣味はないからね。君のお母さんには、旦那様が

   いるのだから、その手の発言は、まずいよ。」

息子「確かに今の旦那さんは、母を守っていてくれるけれど、没交渉だから」

山田「その内に仲良くなれるよ。」

息子「僕は、山田さんを置き去りにしたくないけれど・・・・・」

山田「そう、気にする事ないよ。」

息子「ああ、はか無いはなしだな・・・・・!」
[PR]

by warau_1 | 2010-06-11 10:46 | お笑いだよ人生