タグ:競艇 ( 2 ) タグの人気記事

金持ちと貧乏紙一重

博打に奔走、流れる資金湯水の如し

 相続遺産、億単位、次から次に手続き済めば、手元資金自分のものと、競馬・競艇次へから次に駆けずり周るも鳴かず飛ばず゛のコンコンチキ。

 ある日尋ねてきた金持ち友人、忙しく車もベンツとシャレ込んで、こちらも仲間に呼び込むつもり。

友人「いや、忙しいよ。今日、付き合ってほしいんだけれど時間を見てほしい。」

私  「いいよ、丁度時間に余裕がで゛きたところだからね。」

友人 「いや、良かった。現地で車に乗っていてほしいんだよね。」

私  「ところで、そんなに忙しい理由は、なんなのさ」

友人 「競艇が戸田と平和島だろ、競馬が大井と福島・阪神・と全部で六十レースあるからね。」

私  「おいおい、そんなにレースをやったらいくら金があってもつづかないでしょ。」

友人 「いや、おら、生涯やり続けるんだ。それに現金見るとやりたくなるんだ。」

私  「まるで、薬物患者だね。」

友人 「兎に角、車に乗ってよ。」

私  「分かったよ。」

友人 「何しろさ、レースの時間に間に合わなきゃどうしようもないからね。宝くじだつて買わなきゃ

    あたらないから」

私  「そりゃそうだけれどね。じゃ、今年になって幾ら投資して幾ら配当があつたの?」

友人「それを聞かれるとよわいんだな。今年に入って投資した総額は、二千万円くらいだな。」

私 「じゃ、獲得した配当金は、幾らなの」

友人「それがね、むにゃむにゃなんだ」

私 「ねえ、そのむにゃむにやとは、どういう意味なの」

友人「だから、むにゃむにゃ」

私 「分かった、配当は、ゼロなんだ。つまり何も当たっていないと言うことなのだね。」

友人「まあ、早い話がそういうこと。昨日は、421と124を五万円づつ競艇券を買ったのさ。」

私 「随分、買ったね。」

友人「ばか言っちゃいけない。だいたい一レースで四十万円や五十万円当たり前。」

私 「それじゃ、幾らあっても足りないはずだね。」

友人「だから、忙しいんだよ。」

私 「そのレースどうしたの。」 

友人 「それがへさ、421で走ってゴールするかと思い、配当わもらおうとして窓口で並んだのさ」

私  「おお、当たったのか」

友人「ならいいんだよ。それが、後ろのほうでざわめいているからどうしたのかレースゴールを見た」

私 「何があったの」

友人「三号艇が沈没したのにひっかかって1号2号4号の艇が全部巻き添えくらい三号艇に乗り上げて

   レースは、無効だって。当たっていれば配当が三百万円程度になったのに」

私 「投資したお金は、どうしたの」

友人「うん、投資分は、十万円もどったけれど、三百万円が十万だものな」

私 「いくらやっても、所詮博打、そんなに大きなお金を賭けずに遊び程度にしたら。」

友人「それじゃ、競艇に取られっ放しだから気がおさまらない。」

私 「わかった。では、競艇選手になれば・・・・・」

友人「馬鹿いっちゃいけない。年齢制限があるからね。」

私 「では、競艇場の株を買ったらいいのに」
[PR]

by warau_1 | 2009-06-27 13:32 | 笑う門には福が来る

人の心は、秋の空(ラップ文学)

一つ山越しゃホンダララッタホイホイ!

人の行く道砂利道だらけ、行くに行けない道もある。恋・愛・セックス脳裏をめぐる

あれこれを幾つ数えてみたとても、残る思いはむなしさばかり。

ソープに行くときゃ胸弾み、終わって帰るそのときにゃ、払った金の重みがずしり。

競輪・競馬・競艇に僅かな資金を握り締め、意気揚々と券売り場に向かう。最終レース

まで、金が持てば、まだよいが続くはずもありゃしない。

券を買いに行くときの勢いどこに消えたのか。脳裏を掠めるあの思い。「あれを買わずに

隣の番号にすりゃ良かった」などと反省するも、時すでに間に合わず。

買った競艇の券を握り締め第十レース見つめるまなざし真剣そのもの。

一斉に六台の艇舟が走り出す。自分の狙った3-5-1でレースが展開。胸が裂ける思いで

思わず声がほとばしる「そのまま、そのまま、そのまま行け!」と叫ぶ声が群衆の叫びに

混じりながら悲鳴の様にも聞こえる。

アナウンサーの声も熱気に溢れ

「いよいよ、第二周回に入りゴールに3号艇がまっしぐら。1号艇が5号艇に襲いかかる」

思わず握り締めた券が汗にまみれる。「そのまま、そのまま行け、頼むよ、頼む」

そこに場内アナウンスで、「どうしたことでしょう、3号艇の重身が前のめり、あああ!」

「そのまま、そのままだよ、わからねえのか!」握る券がなおも汗に濡れ

会場アナウンス「3号艇がいよいよ、あ、船首から水の中にもぐって行きます。」

「そのまま、そ、ばか、誰が潜れと言ったよ!」

アナウンスが「ゴールイン優勝は、5号艇、2位1号艇、3位4号艇。三連券は、5-1-4

配当は、出ました。9890円です。」

「競艇は、水上レース、潜られちゃレースもへったくれもありゃしない。」

帰る足取り重く、無料バスに乗ろうとすれば、すでに出たばかり。

人生「対岸の火事」で語れる内が花。艇も潜れば、失格。明日はわが身と券を川に

投げ捨てる。
[PR]

by warau_1 | 2009-01-01 04:09 | 笑う門には福が来る