人気ブログランキング |

オレオレ詐欺未遂事件簿


           「どうしてなのですか?」

 世に「濡れ手に泡」のお金をだまし取る「オレオレ詐欺」が大流行。

 ある日、留守番していた男子中学生の家に電話。

 詐 欺 師  「もしもし、○○さんのお宅ですね。」

 男子中学生 「はい、○○ですが。」

 詐 欺 師  「お宅のお父さん、会社からの帰り道で交通事故をおこしました。」

 男子中学生 「そうですか。で、どんな交通事故ですか?」

 詐 欺 師  「いや、それが人身事故で、重症で、相手は近くの主婦なのです。」

 男子中学生 「で、あなたとその主婦の方とは、浮気の仲なのですか?」

 詐 欺 師  「しっ失礼な、私はべ、弁護士ですよ。とにかく、お金を私の言う銀行
          口座に振り込んでもらわないと、病院で治療してもらえないとのこと
          なので、振り込んでくれませんか。」

 男子中学生 「交通事故で重症の人が直ぐに弁護士を呼べるのですか?」

 詐 欺 師  「いえね、たまたま事故現場近くを歩いていたら、事故に遭遇したのです。」

 男子中学生  「それで、父が重症を負わせてしまった主婦の方は、何と言う名で何処の
         病院に運ばれたのですか?」

 詐 欺 師  「それは、ほら、△□病院ですよ。」

 男子中学生 「それで、その主婦の方のお名前は?」

 詐 欺 師  「いや、それが、うーん」

 男子中学生 「名前も知らない人の弁護士になれるのですか?」

 詐 欺 師  「つべこべ言わないで、金を振り込めよ。いいか、これから言う銀行口座
         にな」

 男子中学生 「幾ら振り込めば、いいのですか?」

 詐 欺 師  「そら、相手は重症だから最低100万円振り込まないと・・」

 男子中学生 「判りました。それでは、病院の銀行口座と電話番号を教えてください。」

 詐 欺 師  「だから、病院からも頼まれているから振り込めといっているだろ。」

 男子中学生 「重症の主婦の方の弁護士さんが、いつから病院の弁護士になったので
          すか」

 詐 欺 師  「へりくつこねているんじゃねえよ。」

 男子中学生 「何で弁護士先生がそんな乱暴な口でものを言えるのですか」

 詐 欺 師  「しかし、おまえ、いやに慌てないなぁ・・・・・・」

 男子中学生 「そりゃ、慌てるはずがありませんよ。」

 詐 欺 師  「なんだと・・・・・」

 男子中学生 「だって、家には、母と私しか居ませんから」

 詐 欺 師  「だからな、おまえの父さんがよ長期出張とか言ってごまかして、家を空
         けていたんだよ。」

 男子中学生 「いいえ、絶対そんなことありません。」

 詐 欺 師  「おまえ、やはり子供だな、何も判っちゃいないね。」

 男子中学生 「いいえ、判っていないのは、叔父さんですよ。」

 詐 欺 師  「なんだと・・・・・」

 男子中学生 「だって、父が交通事故を起こせるわけがないからですよ。」

 詐 欺 師  「えっ、どうしてだ!」

 男子中学生 「だって、お父さん、先月亡くなったばかりだからね。」

                                       「笑う」事件簿より

笑えるHP ランキングに投票!

by warau_1 | 2005-08-22 03:44 | 落ちない落ちも落ちの内