人気ブログランキング |

  あなた恋しいと街行けば・・・・・・・!

       街のネオンに誘われて・・・・・・・・!

  道行かば、ネオンの波が押し寄せて、夜の新宿裏街道、道行く人々あれど

男一匹渡り鳥、目にする女性各種あり、「小柄鳩胸出尻ドナルドダック」「大柄

板胸短足ダックスフンド」どれ見て見ても愛らしく、これが男の嵯峨かいな。

  それでもやたら声かけづらく、目で追いながらすれ違う女性の香水浴びな

がら、ふらふらふらと繁華街。

  時として、飛んで眼に入る外国女性、色は白々、眼は青く、年の頃は、と言

えば、三十歳。一人たたずみ地図広げ、辺りと地図を見比べて、何を探すか

不安げに・・・・・・。

 私  「Hi !May I help you something?」(何かお手伝いできますか)

 外人 「Thank you.Where is shinjuku station ?」(新宿駅はどこ)

 私  「Ok, you had better go straight this way.」(この道まっすぐ)

 外人 「Oh,Thank you !」(ありがとう)

 私  「Well,do you go back now ?」(今、お帰りになるところですか?)

 外人 「Call for me drink ?」(お酒飲みに誘ってくれるの?)

 私  「Sorry,I‘ve no time.」(ごめんなさい、時間がなくて)

 外人「OK,don‘t worry.」(いいのよ、気にしないでね)

 私  「May I one question ?」(一つ質問してもいいですか ?)

 外人「Ah !」(どうぞ)

 私 「Are you Mr or Mrs ?」(あなたは、男性ですか既婚女性ですか ?)

  言ってしまった途端、えらいこと言うてしまったと・・・・事すでに遅し

 外人「No! Mr ? Mrs ?」(何ですって、男性?既婚者?)

  間違いなく彼女は、憮然として、白い顔を真っ赤にして鋭い目を向けて言った。

 外人「I ‘m Miss.」(私は、独身女性なのよ!)

 私 「That ‘s good, I ,m single too.」(丁度いいね。私も独身だよ。)

  しかし、彼女のご機嫌はなおらず「バイバイ」と立ち去った。

  私の脳裏には、これぞ本当の「ミステリー」との思いが残った。

笑えるHP ランキングに投票!
   

by warau_1 | 2005-10-08 02:44 | 落ちない落ちも落ちの内