どうして、そうなっちゃうの ?

へんてこりんな、ファッション、いやじゃにゃーずらか

  「十人十色、百人百色」とい言われて、永い歴史が重なり今日

にたどり着いている諺がある。それは、個性・ファッション・芸術の

世界にも通じるお話し。

 さてさて、最近の道行く中で目にする女性の姿に驚嘆を隠せな

い。

特に若き女性のファッション。顔をみれば、青たん、黒たん塗りた

くり見せかけ変えても整形なしでは、変わりゃせぬ。

  それでも「みだしなみ」とか言ってアイライン黒く青く塗りたくり、

松葉杖ならず付けまつ毛、見れば見るほど別人に。これじゃ、

「みだしなみ」どころか「はみ出しだ」と思いながらも耐え忍ぶ。

 せめて、自分の妻(いまはいないけれど)でないことだから、誰

にも言うことはない。言えば唇寒しの時代だから。

 表参道で仕事関係の人との待ち合わせで、一時間ほど待つ間

に通行人見学としゃれこんだ。

久々に表参道行く人々のファッションや顔色、年齢層をコーヒー

飲みながら見つめてた。

 右手から金髪女性がゆっくりと歩いて通過する。

背の丈160Cm程度。色白美形。さすが表参道と思いきや、

下半身に目を落とすやなっなんと、ジーパンがいまにもずり落ち

そう。きっと、本人歩きづらい事と懸念し見ていると、くるりとユー

ターンして、同じ路面オープン喫茶に入り込んで来て、ハンバー

ガーと飲み物一品注文して、私の横のテーブルに席を陣取った。

 よせば良いのに疑問をもったらすぐ行動する癖が災いして、

ヘソ出し、破れジーパン知ってるくせに、あえて彼女に

 私 「お嬢さん、あなたの着ているジーパン、ずり落ちそうだね

    とても歩きづらいでしょう!」

 彼女「・・・・・・・・・」

 私 「それって、表参道ならではのファッションですか?」

 彼女「おじさん、そんなに気になります?」

 私 「いえ、私の育った時代には、腰骨の下の位置でジーパ

ンを着用している女性を見たこともないのでね。」

 彼女「あら、そうなんだ。おじさん、見た目よりも老けているの

ね」

 私 「まあ、明治時代生まれでないことは、確かさ。」

 彼女「じゃまさか大正時代生まれ?ヒーおじいちゃんと同じ」

 私 「ヒー!まさか!昭和時代生れに決まっているでしょ。」

 彼女「あのね、どうでも良いけれど、あまり女性のファッション

    しろしろ見ない方がいいよ。エロじじいにみられるよ。」

 私 「いやいや、そういう意味でみられちゃ困るけれどね『な

ぜそうしたルックで歩いていられるのか。』を知りたくて

ね。」

 彼女「コーヒー奢ってくれたら教えてあげる。暇こいてるから」

 私 「そりゃ、かまいませんよ。」(まだ、友人到着まで時間も

あり授業料と思いと彼女に二百円渡す。)

 さっそく彼女は、コーヒーを追加で注文(セルフサービスなの

で自分で注文に行った。そして、コーヒーカップ片手に戻り)

 彼女「これってね、今、私たち二十歳前後の男女問わず結

    構ファッションとしてナウイのよね。」

 私 「だけど、歩くのに不自由でしょ。」

 彼女「そんなことないよ。トイレに入る時も楽だしー」

 ふと、見ると臍が剥き出しになっている。まさに彼女ヘソ出し

ルック。この寒空にあえて「ヘソ出しルックもなかろうが」と思う

間もなくヘソに小さい金属リングがぶら下がっているのを発見。

 「彼女がヘソ出しルックを選んだのは、これを見せたいから

だ。」と、自分の胸の中で結論づけた。

 私 「いろいろ教えてくれてありがとう。」と席を立つことに。

 彼女「コーヒーご馳走さま。」

 私 「風邪を引かないようにね」と別れた。

 ヘソのリングを見た時に「わを持って良しとする」と時代の変化

 に、薄ら寒くなりながら、友人との待ち合わせ場所に向かった。

by warau_1 | 2006-01-22 02:41 | 小話アラカルト