何はなくても「心」だよ!

          笑いこけてみたけれど・・・・・・!

  歩行者天国一度はおいで、銀座はにぎやか、姉ちゃんは

綺麗だピーポッポー。人の噂も七十五日と言うけれど、消えぬ

噂もぱらぱらと天より降りたる雨のごとし。

  心に決めた愛しき女(ひと)を心に浮かべて歩行者天国。

歩いて見た。あっちもこっちもカップルだらけ。路上椅子に

テントの下で家族揃った団欒あり。

  一人で歩くにゃもったいないと歩道行く美人女性の直ぐ右

を歩調合せ歩いてみると、まるで恋人同士が歩くかのごとし。

  彼女は、無意識の世界でただひたすら歩くだけ。いい気に

なって数分間、共に歩いてみたけれど、心が満わけもなく、

  彼女の傍に近寄ってさらに数分歩いてみた。

  そんなこととは、いざ知らず、反対側通路を知人が通過。

 手を振りニタニタ腰振って、小指を立てて囃子立てている。

 地元に戻ったそのときにゃ、既に噂が広まり大騒ぎ。

 隣人  「ねね、銀座の歩行者天国での彼女とのお散歩良

     かったね。」

 私   「いえ、彼女となんて歩いていませんよ。」

 隣人  「そんな嘘は、通用しないのよ。」

 私   「私には、命がけで恋する女性はいますがね・・・」

 隣人  「隠さなくてもいいのよ。恋愛の自由は、あるからね。」

 私   「いえ、本当ですよ。でも、その恋人は、遥か彼方の空

     の下にいますので・・・・。」

 隣人 「ほれ御覧なさい。すぐばれる様な嘘をつかないの!」

 私   「ひょっとして銀さんからその話しを聞いたのでしょ。」

 隣人 「銀さんだけじゃなく赤さん、白さん、黄さんも見たよと」

 私   「たとえば、私が恋人と歩行者天国歩いていたら」

 隣人 「それは、大変なことよ。その年で恋人と歩行者

     天国って感動ものよね。家の旦那など『浮気して

     も良いよ』と言ってあげてるのに『若く美しい女性

     が寄ってこない』と浮気一つできないろくでなしな

     の。『何が若く美しい女性』よ、私だって昔はもて

     たのだから・・あなたに見て欲しかったわ。

     今度、若かりし私の写真を見せてあげるね。」

 私  「はあ・・・・!」

 隣人 「年は、六十五歳でも心は、二十歳そこそこなん

     だから」

 私   「そうなんですか・・・・・」

 隣人 「やーね、気のない。ね、ね、私、まだいけるわ

     よね。」

 私  「どこへ行くの?」

 隣人 「もう、しらないから・・・・」

 と、孫が三人もいる隣人女性は大きな尻を振り振り立ち

去った。永遠なる美貌よ万歳!永遠なる若さに乾杯!

永遠の恋人に心を捧げてばんざい(お手上げ)! 
[PR]

by warau_1 | 2006-01-31 17:58 | お笑いだよ人生