ありゃありゃ、小さな事が・・・・・

    とんでもない事に発展しちゃう!

 日曜日の昼下がり、主婦の喫茶井戸端会議があちらでもこちらでも

賑やかなりし喫茶店。聞き耳立てずも聞こえてしまうあの話しこの話し。

 中年主婦ともなれば、貫禄どころ「女三人寄れば、かしまし」と故人

の言を想起する。ところがところが五人寄ったらどうなるの?

 特設テーブル・椅子も他の席より拝借し、語る話しは、五人五色。

主婦 1「ねね、聞いてくれる。まったく、家の旦那ときたらさ、どうしよ

     うもないのよ。」

主婦 2「旦那様に何が不満なのよ。先月、お宅は定年退職して、退

      職金を沢山持ってきてくれたのでしょ。」

主婦 3「あら、私、知らなかったわ。じゃ、今夜、みんなで押しかけて

     晩餐会ね。」

主婦 1 「やーだ、そんな大げさなものじゃないわよ。もう、退職した

      翌日から家でごろごろ粗大ゴミだもの。退職離婚の方のお

      気持ち判るわ」

主婦 4 「あら、そんなこと言うものじゃないわよ。ちゃんと退職金全

      額渡してくれたのでしょ。」

主婦 1「そりゃ、全額受け取ったけれどさ。」

主婦 5「それなら文句ないじゃない。家は自営業だから退職金ないし、

     定年もないのよね。」

主婦 1「でも、お宅の旦那様は、ハンサムだし、まだバリバリだし、羨

     ましい限りよ。」

主婦 2「でさ、何が不満なの?」

主婦 1「それがさ、先日、トリノオリンピックを朝方まで見てて、アイス

     スケートで、荒川静香さんが、金メダル取ったでしょ。」

主婦 4「そうよね。彼女、素晴らしかった。私もニュースで見たのよ。」

主婦 1「家の旦那はね、もう、自分の事の様に喜んで、眠っている私

     を起こしたのよ!」

主婦 3「それが、どうしたのよ。一緒に喜ばなかったの?」

主婦 4「旦那様、朝まで見てるなんて、えらいわ。」

主婦 1「それがさすぐ風呂沸かせ!祝い酒用意しろ、つまみもだ!

     って」

主婦 3「で、奥様どうしたの?」

主婦 1「退職金を全額預かった手前、言うこと聞いたわよ。」

主婦 2「あら、奥様も従順じゃないの。えらいわ。」

主婦 1「そこまでなら、まだいいのよ。」

主婦 5「で、何があったの?」

主婦 1「それがね。風呂から上がった旦那がさ、『いいもの見せる

     から娘も起こせ』と言うのよ。」

主婦 4「あら、随分、ワンマン亭主ね。」

主婦 1「仕方ないから娘も仕事に出る準備時間なので起こしたわ

     よ。」

主婦 5「それで、何があったのよ。」

主婦 1「旦那ったらさ、娘と私を前に風呂から上がりブリーフ姿で

     『これを見せたかった』と荒川静香さんの『イナバウワ』の

     真似事をしたのよ。

     そしたらさ、ピストルが飛び出してしまってね。娘がそれ

     見て『お父さんのはイナバウワじゃなくて、イヤダウワ!よ』

     とトイレに去ったのよ。すると旦那がね『これで金をとったのさ』

     と・・・彼は、自分のピストルがはみ出したのに気づかないまま

     なのよね。」

主婦 2「うんまあー!私も見てみたかったわ。」

  しばらくすると店内が何気に静まり返ったところに店員が制服姿の

警察官を連れてきた。

店員 「はい、こちらの奥様の旦那様が所持しているとか・・確かに聞

    きました。」

警官 「あの、お宅の旦那様ですか?ピストルを所持しているのは」

主婦 1「はっ、ピストル?はい、家の旦那は持っていますけど何か?」

警察官「あのー、拳銃の不法所持は刑事罰になるのですよ。許可書は

     お持ちなのでしょうかね。」

主婦 1「そりゃ、許可証なんていらないでしょう。ねえ、あれはさ!」

主婦 5「ちょっと、おまわりさんもピストル持っているでしょ。」

警官  「はい、本官も確かに一丁持っています。」

主婦 4「そうじゃないのよ、おまわりさんは二丁持っているでしょ。」

主婦 2「ピストル違いなのよ。店員さん、ご苦労さんね。あなたもピス

     トル持ってるでしょうに!」

店員 「いえ、あの、お騒がせしました。私のは、ピストルなんてもの

    でなくて・・・・・・!」

主婦 5「じゃ、なんなの?」

店員  「水鉄砲です。」

  その場は、店員の一言でお開きとなりにけり。

http://www.1blogrank.com/toplist/in.cgi?id=robbyst  
[PR]

by warau_1 | 2006-03-13 06:50 | 小話アラカルト