人の心踏みにじり見せかけ、だまし、やらせの何でもありか

   恋も愛も憎悪と憎しみの表裏一体  

 巷に転がっている恋物語、恋愛物語に何故か心引かれて魅せられて

涙ちらつく夕暮れに、来ない相手を待ちわびる痩せた女の姿あり。

 通りすがりの道すがら、二時間経っても動かぬ彼女。不憫と思うも

何もしてあげられず、待ち人来るを祈るだけ。

 人ごとでなく、こちらも待ち人来やせぬものを、何故か気になる彼女

の姿。来ると言って来ないやからの顔が見たいもの。電車が遅れて

「遅刻」と言って「不可抗力」を説明しても「来ない」と言う事実は、

消えやせぬ。

 とうとう待ち人来ないで煮え湯を呑まされ、帰る道々歯軋り三昧。

それでも平静保ちつつ電車に乗るや例の彼女がただ一人、電車の

ドアに寄り沿って一人で帰る道すがら。こちらも同じ一人の帰り路。

 声を掛けて慰めて上げたいけれど、こちらも慰めて欲しいくらい。

 電車は走り駅二つ、彼女はしょんぼり降りていったプラット・ホーム。

罪なやからもおるものと同情誘う光景重なりて、涙さしぐみ帰り来ぬ。

 歯軋り強く繰り返し、腹の納まる頃まで最寄の喫茶で過ごそうと

入店するなりコーヒー注文。

 店員コーヒー差し出して「お待ちどう様」と語ったその時、こちらも軽

く会釈して、コーヒー飲もうと口あけるや否や「ポチャン」と音立て差し

歯の前歯が一本、カップの中にコロリンコ。

 余りの歯軋りに耐えかねて、もろくも落ちがついたのか。

コンビ二飛込み瞬間接着剤を購入し、喫茶に戻ってコーヒーの中から

差し歯を取り出し、乾かし接着剤を取り出して、やおら接着液のチュー

ブを押してみる。よだれの様にたれ落ちる接着剤がセーターにポトンと

垂れて塊はじめるよいわんわん。

 驚き手放すその瞬間、差し歯もセーターに付着したのを知らないで、

床や椅子の間をくまなく探し、見つけたところは、セーターの胸元。

 すでにしっかり固まって、突いても引いても取れやせぬ。

これぞ、正真正銘「はでなセーター」というものか。

by warau_1 | 2006-04-16 23:53 | 恋人とエピソード