これぞ正真証明「さが出る人生」だ!        

      時代の流れに取り残されて

  明治維新のその後にゃ「文明開化」が鳴り響き、鹿鳴館に「にわか

貴婦人」ひしめき合うも所詮、「錦を着てもサルはサル。」

  今時、平成年間IT時代花盛り、我も我もと草木もなびき、にわかIT

技師が増加して、世の中IT狂いのその果てにIT成金次から次に進出気没。

  団塊世代も遅れじとやおらPC叩けど追いつくわけも無し。それでも

IT分野で生きてきた団塊世代もちーらほら。

  出来ぬことまで「出来るよ」と告げて仕事にありつけど所詮見えてる

技術の立ち遅れ。いくら努力もプライドだけは、人一倍に備えていても

裏付けなきプライドは、詐欺にも当たる。

  いつしか妻なし、金無し、仕事無し、無い無い尽くしのその中で、

せめての慰めハッカーで他人データ覗き込み、酒のみながらのひと時

が麻薬のごとき君なりき。

  「妻になる女なら誰でもいいよ」と責任の欠片さえ持たず紐狙い、女

の尻を追い、次から次に毛嫌いされて、一人かもねむ夏の夜。

  寄ってくるのは、ゴキブリ、ねずみ、蚊柱、虱の行列と言葉も通じぬ

ものばかり。名前をつけて見つめてもどれがどれやらわかりゃせぬ。

  人の嫌がるハッカー行為続けりゃ地獄で閻魔様、「手ぐすね引いて

待ってる」と知ってか知らずかやめやせぬ。

  残りの人生知れたもの、せめて「去る鳥後を濁さず」と善行修養積

み重ね、「惜しまれ惜しまれ他界する」そんな人生創らねば、この世に

生をくれた神も嘆くよホーホケキョ。

  それでも「わかっちゃいるけど止められぬ」とばかり、世を恨み、逃

げた女房も恨みつつ、ハッカー続ける閉じこもり。

  こんな業を宿したるやからに幸が訪れる訳も無く、まじめに、貧しく

努力した人材と比較にならぬ。これぞまさしく「さが出る人生」なり。

 「こんな人生だれがした」そんな叫びが聞こえるが「そりゃあんた自

身」との回答以外に何がある。

 歌の文句じゃないけれど、「だけど行くとこ沢山ごさる空にゃ天国、

地にゃ地獄」それでも生きてる時にゃ、最後に待つは、ホームレス。

                            <人生綴り方日誌より> 

 
[PR]

by warau_1 | 2006-05-20 04:07 | お笑いだよ人生