真実の愛の行方とは・・・・・

       恋は恋にして恋愛にあらず

  「昔の人は言いました『人は恋をすればするほど艶がでる』・・」

何処かの歌の文句じゃないけれど、艶が出るほど恋するも、

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」の喩えにも似て、チョウチョが花から

花へ次から次に移るがごとく、異性を求めりゃ「色きちがい」。さりとて、

愛無き恋に堪え難きを絶え忍び、苦節四十年を誇るやからも居る。

ギネス事務局さえも疑う程の現実もある。真の「愛」の前には、打算も

見栄も何もない。「真実一路」の風が吹き聞こえる鐘の音幸せ告げる。

  太郎「祐司君、そろそろ彼女の事を諦めたらどうなの?」

  祐司「僕も生まれて、彼女に逢ってさえなければね。」

  太郎「逢ってなければ、とっくに結婚している分けでしょ。」

  祐司「まあな。でも、彼女の気持ちは、どうかは別にして、僕には

     彼女以外に結婚する相手と思えないのさ。」

  太郎「それほどに想う相手の彼女のどこがいいの?」

  祐司「そんな質問するのは、野暮でこの道の素人だね。」

  太郎「なぜ?どうして?」

  祐司「だから、どこがいいとかの問題ではないのさ。逢った瞬間に、

     『この人しかいない』と感じるのさ。理屈抜きだよ。」

  太郎「それは、君の思い込みではないのか?」

  祐司「うん、人様は、異口同音にそうおっしゃるね。」

  太郎「君は、意外と一途なところがあるからな。でも、『他人の

     恋事は、犬も食わない』というから深入りしないけれどね。」

  祐司「犬に食わせるものか」

  太郎「そう、むきになるなよ。ただ、聞いてるだけだからさ」

  祐司「わかっているけれど・・・・・・・・」

  太郎「でも、気になるので質問するけれど、キスのひとつも・」

  祐司「そんなプライベートを君に告げる義務はないでしょうに」

  太郎「ということは、隠すべき何かがあるな・・・・」

  祐司「太郎ちゃん、怒るよ!」

  太郎「解かりました。もう、言わないよ。で、キスくらい?」

  祐司「だから、したことあるよ。毎晩ね。」

  太郎「それは、それは、お見逸れしました。で、彼女毎晩?」

  祐司「そりゃ、これだけの愛情を注ぎ続けているんだからね。」

  太郎「そうか、毎晩、君のアパートに来てくれるの?」

  祐司「毎晩、彼女が来るわけないでしょ。」

  太郎「だって、毎晩、キスしてると・・・・・・」

  祐司「毎晩の相手は、たった一枚彼女からもらった写真さ」

  時の過ぎるのも「光陰矢の如し」と言われるほどに早く、

太郎が過ごした「片思い時代」も刻々と記録に挑戦。

  私は言いたい「喩え命枯れても・・・・」と他人様から『あぎねすか』

と言われてもね。
[PR]

by warau_1 | 2006-05-29 02:53 | 恋人とエピソード