「無計画」もまた楽しか?

    「腹が減っては戦ができぬ」と言うものの・・・!

 「旅は道連れ、世は情け」渡る世間の処方箋、故人より受け継が

れしものなれば、心和みて明日への活力沸きいづる。

 フリーター、食えぬなりに努力もすれど、日々の生活切り詰めど

睡眠・食事と切り詰めるものさえ限界灘に達すれば、天よりもらい

水待つより他に術もなし。

 友人A「おーい、元気してるかB君!」

 B  君「それが、余り元気じゃなくてね。」

 友人A「そうか、少し元気付けに山でも行こうぜ!」

 B 君「そうしたいけれど、先立つものが・・・・」

 友人A「気にするなよ。現地での食費を除き自分の交通費を負担

     してくれれば、それだけでいいから。行こうよ。」

 と二人連れ添い秩父の山奥キャンプ場に向かう。到着した時には

夏期休暇のため混雑。

 友人A「さあ、食事しようよ。」

 B  君「A君、じゃ、僕、インスタントラーメン持ってきたから・・・」

 友人A「うん、じゃお湯を沸かそう。キャンプ用コンロと油えーと」

 B  君「どうしたの・・」

 友人A「あれ、ライターがないや。コンビ二で買わなきゃ」

 B 君「僕、買ってくるよ。」

 友人A「じゃ、頼むね。」

 やがて、キャンプ場特設コンビニでライターを購入してきたが

 友人A「ごめん、キャンプ用コンロのオイル間違って灯油持参した」

 B 君「ということは・・・・」

 友人A「うん、ローソクでお湯を沸かすしかないな」

 B 君「どうやって・・・・・?」

 友人A「えーと、川からこの鍋に水を汲んできてね。ローソクの上で

     鍋をじっと持ちつづけるんだよ。B君、やってくれる?」

 B 君「あの、もう三十分やっているけれど、湯が沸かないよ。」

 友人A「そうか、しょうがないな。でもお腹空いたから食事しよう」

 B 君「でも、お湯がないよ」

 友人A「うん、いいよ、インスタントラーメンに水かけて食べようよ。」

 B 君「なら、食べるのよそうか?」

 友人A「そんな水掛け論してる場合じゃないよ。食べよう。」

 二人の食事も何とか終わり、就寝時間。テントの中で寝袋の中

しかし、B君の鼻に悪臭が・・・・・。

 B 君「変な臭いがするね。」

 友人A「うん、テント、10年間程度洗っていないからカビの臭い」

 B 君「そうなんだ。二人とも『臭い仲』になったね。」

にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-08-16 07:04 | 小話アラカルト