ハッカーさま様、サンマの刺身

     人生楽ありゃ苦もあるさ !

この人の世の「十人十色、百人百色」身に沁みて、人の顔見りゃ

あれも違う、これも違うと見分けるも、人にないものありゃ、優越感、

自分にない優れた点を相手にみつけりゃ劣等感が脳裏を掠める。

 そんなこんなで他人を覗く趣味ある人がPC駆使すりゃ「何とかに

刃物」となりにけり。

 たまたまPCメンテを頼んだ相手、仕事・金・友人ないない尽くしの

PCお宅。頼んだ相手がPCファイルしているものは、そこらに見当

たらぬ美人の写真とアドレス満載。

 PCお宅の触手が反応し、依頼者トイレの隙にPC/IDパスワード

とルータIDこっそり書き写し、仕掛け残して帰宅して、夜中を待って

依頼者PCにアクセスし、ファイル内容ピッキング。

 ファイル交換スパイウェアの「Alexa Related」を駆使してリンク

して、それでも足らずに「Avenue A. inc.」「DoubleClick」そして

映像ピックアップに不可欠な「MediaPlex」そして極めつけとして

「ABetter Internet.Aurora」(ローカルマシン設定変更スパイウェア)

を内緒で依頼者PCに秘密送信し、いつでも覗ける法華の太鼓。

 女子トイレの便器に超小型カメラ設置に等しい姑息な仕掛け。

 良心の欠片も何もありゃしない。PCお宅は、何も知らない依頼者

のプライベートを夜な夜な酒のさしみのひと時が無類の極楽浄土。

 依頼者、うすうすハッカー存在に、密かに手を打ち証拠を累積。

いつしかハッカー対策の技術も練磨。

 出版社 「皆さんが一番不安に思っている点を本にしませんか」

 依頼者 「もう少し、時間をもらえれば、かなり具体的な内容を執

      筆できると思います。」

 出版社 「是非とも先生に執筆願いたい。多くの人のために」

 依頼者 「そこまでいわれれば、真剣に取り組みますよ。」

 天から牡丹餅、ハッカーさんに感謝感激雨あられ。

 二年に亘るハッカーとの戦いが、こんな形で実るとは、「お釈迦様

でも気がつくめぇ!」と叫んでみたよおとっつあん。

 いつの日にか、ハッカーの証拠を示し実名挙げて、感謝感謝の

雨あられ、降らせてみたい降らせよう。

 十万部売れたら一攫千金花咲いて、左団扇の音がする。ハッカー

涙に濡れ、地獄の閻魔様「可愛がるよ」と手ぐすね引いてどっぴんシャン。

「瓢箪からこま」ならず「ハッカー戦から一攫千金」とまっしぐら。合掌

にほんブログ村 お笑いブログへ
[PR]

by warau_1 | 2006-08-21 22:23 | お笑いだよ人生