大玉さんよ! 達者かね !

    したいほうだい、夜も更けて

 長らく夏休みでブログも夏休み。お立ち寄りの皆様、もうしわけありませんでした。

 さて、この夏休み、人の出入りもこのときばかりと、頻繁となり、懐かしき人々我を

訪ねて語らうことにゃ、最近、いいことあったとか。世相にてらしゃ、洪水、がけ崩れ

殺人、強盗とモラルハザード進行する中で、いいことありしと伺って、聞かにゃ損々

とばかりに聞き耳たてりゃ、友人胸張り自慢げに

 友人「最近ね、大玉君が元気になってね。」

 私 「そう、その大玉君は、何処の出身なの?」

友人「勿論、私と同郷に決まっているでしょ。」

 私 「はあ!」

 友人「それにね、骨吉が恋してしまってね。筋肉隆々でぶこついけれどね」

私 「そう、色んなお友達がいるんだ。」

 友人「それから、サッチーがね、これまた骨吉と同じ人物に恋してね」

 私 「そりゃ、たいへんだね。」

 友人「それに大玉君も参加してさ、同じ女性に向けて大変だよ」

 私 「恋の争奪戦だね。」

 友人「いや、そうでもないんだよ。」

 私 「どうしてよ」

 友人「みんな俺の肢体のことだから・・・名前をそれぞれにつけたくてね」

 私 「なっなんだ。で、彼女とは、・・・・・・」

 友人「それを聞くのは、やぼ」

 私 「なんで?」

友人「だって、したいほうだいだからね。」

にほんブログ村 お笑いブログへ

 
[PR]

by warau_1 | 2006-09-04 23:02 | ビジターエピソード