サツマイモ談義

 サツマイモが老化防止とか

 人は永久なる命を求め、山越え、谷越え、花も嵐も踏み越えて、行くが人の

生きる道。どこかの歌の文句じゃないけれど、老化を嫌う人々よ。

 その昔、君子曰く「老化は、年齢を重ねたから老化するのでなく、希望と夢

を失うところから老化する」と。

 されど、頭髪ごま塩になるやあらゆる体毛がごま塩になれば、自覚せずに

いられよか。それでも、儚い望みを抱き老化防止の話に耳傾けて、言われた

ままの対策に着手。

 紳士A「いや、若作りの私と思っていたけれど、気づけば年齢、はや七十四歳」

 紳士B「私は、まだ、見た目四十歳に見えるでしょ。まだ、六十歳ですので。」

 そう言いながら、八百屋の前で紳士Aが立ち止まり、サツマイモを手にして

じっくりと見つめている。

 紳士B「いかがされましたか?」

紳士A「いえね、昨晩、テレビで見たのだけれど、サツマイモは、老化防止とか」

 紳士B「まだ、老化防止は、早いでしょうに。」

 そこに年の頃、八十歳以上のお婆さまが話しに入り込み・・・・

 老婆「そうそう、そのサツマイモ買ってたべてごらんよ。おいしいよ。その細くて

    赤いのが、一番おいしいよ。」

 紳士B「そうですか。何しろ、サツマイモは、老化防止にいいとか」

 老婆「そうともそうとも、特にあんたね、サツマイモ食べた方が良いよ。」

 紳士B「えつ、私が?」

老婆「そうとも、わたしゃ、腰も曲がっていないしね。」

 紳士A「そうだね。奥さんは、ろうかだよね。」

 老婆「えっ!」

紳士A「うん、ろうかは、つねに真っ直ぐだから・・・」

 紳士B「たまにまがりろうかもありますよ!」

紳士A「ろうかな?」

にほんブログ村 お笑いブログへ

by warau_1 | 2006-09-25 16:06 | 小話アラカルト