歳の暮れの市場には・・・・

   今年の埃を散りばめて

  年の瀬に次から次へとやってくる築地市場客、朝もはよから袋を担ぎ

商売繁盛祈りて物色する魚や海鮮物。漂う香りは、海の味。

  荷物もてないだけの量買い占めて、人の波に揉まれながら人人人の

流れも止まらず、店の店員の掛け声高らか賑やかに、売れても残っても

市場の宿命分かってる。

  店員「安いよ安いよ、とびっきり、北海道の本紅鮭だよ!よし、千円だ!」

  客  「よいしゃ、買ったよ、それ」

  店員「はい、いっちょ、上がり。ところでお客さんどの部分の切り身?」

  客  「えっ、一尾じゃないの?」

  店員「そりゃ、ないでしょ!旦那。」

  客  「なんだ、それじゃいらねえよ。」

  店員「へい、毎度、はい、これ一尾、一万円だよ。」

  客B 「よし、もらった。北海道産の本紅鮭だね。」

  店員「うそこくわけないですよ。正真正銘だよ。」

  客B「箱入り娘ならず箱入り本紅鮭というのもおつなもの」

  店員「当店で、最高級の鮭だからね。うまいよ!」

  客B「よっしゃ、箱入りで地方に配送頼む。」

  店員「お客さん、はいそうですか!」

  客B「おっ、洒落たね。じゃ、隣のさばもつけとくれ」

  店員「そうこなきゃね、さばさばだよ」

  客B「やだね、また洒落たね。追加でマグロね。」

  店員「こういう客が嬉しいね。まっくろうしなくて済むものね。」

  客B「参ったね、さらに洒落たね。じゃ、鱈子一箱付けて。」

  店員「やってきした追加の鱈子、迷っちゃいけないどこにある!」

  客B「おいおい、鱈子ないかね!」

  店員「鱈子の歌のCDがあります。」

by warau_1 | 2006-12-31 19:19 | 笑う門には福が来る