人気ブログランキング |

プレイボーイの成れの果て

   「持てない不細工女性ほど落ちやすい!」プレイボーイ曰く

  持てる、持てないと女性の評価基準にゃ、色々あれど、これぞと決め手が

見当たらぬ。遠目美人もあれば近く美人もある。

  その昔より「座れば芍薬、立てば白百合、歩く姿は、杜若」との言い回し

もあるごとく、美人を象徴する言葉が残されている。これすなわち美人を

求める男性の憧れを描いたもの。

  はてさて、それでも「田で食う虫も色々」で

太郎「ねえ、健ちゃん、前から来る女性は、絶世の美人だね。」

健吉「そうかな、僕の好みの感じではないからよくわからないよ。」

太郎「だって、すごく美人だよ。ぼくの好みのタイプなんだ。」

健吉「それよりさ、そのずっと後ろから歩いてくるマフラーの女性素敵だよね。」

太郎「へえ、近眼で見えないから、何とも言えないよ。」

健吉「それより、さっき太郎ちゃんの言っていた美人さんが段々近づいてきたね。」

太郎「ねえ、健ちゃん、俺、落ち着かないな」

美人「あのー!」

太郎「あ、は、ひ」

美人「ヒョットして、澤田太郎君じゃない?」

太郎「えっ、ど、どうして、ぼ、僕の事を?」

美人「やあね、忘れたの?私よ、小学校時代の・・・・・!」

太郎「まっまさか、恵美ちゃんなの!」

美人「あら、思い出してくれたのね。良かった!」

健吉「なんだ、お知り合いだったのですね」

美人「そうなんですよ、昔から太郎君いたずらっ子でしたので忘れないわ」

太郎「そっそんなにいたずら・・・・してたよね。」

健吉「今の今まで、あなたを遠目に見ながら、美人だ美人だと騒いでたのです。」

美人「まっ、嬉しいわ、でも、私はブスだから持てないのよね。今も独身よ」

健吉「どうしてですか、これほど知的で美貌を備えておられるのに・・・・・・」

美人「そんな言葉に私は乗らないものですからね。今も独身。」

太郎「でも、随分、小学校時代の恵美ちゃんと感じが違うな・・・」

美人「だって、私、整形したの、これでけいせい逆転とばかりにね。」

 にほんブログ村 お笑いブログへ

by warau_1 | 2007-01-06 19:07 | もういいかい