人気ブログランキング |

冠婚葬祭花盛り

 時には、心にもなく・・・・・・・

 古い歌の中には「時には、母のない子の様に・・・」などがあり、心には

描く人の姿があるものだ。

 気候の変化について行けない身体の人が永の旅に出たり、若者結婚し

たりと冠婚葬祭次々に。

 ここにゃ別人置きながら打算で結婚する者も数あると言う。また、葬儀に

出たのはいいけれど、別人・別事を念頭に合わせる手で何祈る。

 結婚式に列席しても、目的は、新郎・新婦を祝福するポーズをしながら

今後の相手物色機会と心は馳せる。これで新郎・新婦報われるものか。

 斎場で見送る親族除き、人の心は明日を見て、明日の英気を養うため

早く食べよう・飲もうと会場脇の食物を物色。仏前に捧げた費用の分だけは、

食べにゃ損と食らいつく。

 そんな姿に切なさ覚え、こぼれる涙も「場」に合うとはね。

 拝んだ後にポロリと落ちた股間のボタンなんとなく、不気味に思える摩訶不思議。

これぞ、「ぼたんどうろう」か。

にほんブログ村 お笑いブログへ 

by warau_1 | 2007-02-03 14:35 | いやいやも・・・の内