損する女性、笑い得する女性

 知らず知らずに身についた、その癖が

 「人は無くて七癖」と昔より言い伝えられて、何百年。人の心の癖は、

どうにもならないものがある。

 「多くの人から見つめられる女王でありたい」こんな願望胸に抱く

プライドだけの女性が約一人。

 大金持参と心に決めた男性からのアポイントに「どちらでも良い」と

答えたために、大金は、幻となりて、他の女性へと流れて飛んで消えてった。

 「知らぬが仏」というけれど、哀れな顛末に神も仏も笑うでしょう。

太郎「ねえ、今度、時間見て、会えるかな?」

花子「どちらでもいいわ」

太郎「そうか、じゃ、いつもの思いを胸にいくよ。」

花子「私も忙しいけれど、いいわ」

太郎「そうか、忙しいんだね、それじゃ、無理に時間をつくらなくてもいいよ」

花子「ああ、そう」

太郎「じゃ、僕も他のアポイントあるから・・・・」

 その実、太郎は、ある仕事の成果を花子に届けたかった。が、その気持ちは、

花子の一言と姿勢で消失した。

 一方、前から太郎を大切にしてきた美代さんは、太郎の誘いに、

美代「えー、うれしい。何処に行けば会えるの。会えるだけでいいの。」

太郎「夕食でも一緒にと思っているんだ。」

美代「え、じゃ、私、何かプレゼント用意するわ」

太郎「そんなに喜んでもらえたら・・・僕もプレゼント用意するね」

美代「太郎さんは、何も持ってこなくていいのよ。貴重な時間を割くんだから」

太郎「わかった。嬉しいよ。そう言っていただけるとね。」

美代「ああ、今からとても楽しみだわ」

 そして、当日、太郎は、茶封筒に◎◎万円を入れ、そっと美代に渡した。

美代は、太郎の仕事の成功を自分の事の様に喜び、茶封筒を受けとろうと

しなかったが、太郎は、そっと鞄の中に入れてあげた。

 美代は、自宅で茶封筒に気づいた時、太郎に感謝メールを送信してきた。

花子の下手なプライドが、手元にくるべきものが消える顛末でした。

 にほんブログ村 お笑いブログへ 

面白サイト ランキング

by warau_1 | 2007-04-12 07:58 | お笑いだよ人生