それでも人の親なのかな?

「家庭のしつけ」の丸投げ棚に上げ・・・

 とかく、他人のことはよく見えて、自分のことは棚に上げ、平気で過ごすやからが

増殖し、自分で下からガス発生させて、他人のガスと思わせるそんなそぶりで

ポーカーフェイス。よくぞ生きていられると感心するも、開いた口がふさがらず。

先 生「えー、保護者の皆様、本日は、お忙しい中、よくおいでくださいました。

    これから小学校三年B組の保護者会を開催させていただきます。」

保護者A「先生、保護者会もいいけれどね、私たち保護者は、先生の招集で

      それぞれ仕事休んで出席しているのでよ。」

先  生「はあ、申し訳ありません。しかし、ウイークデイでないと学校での保護者会

     を開催する訳にはいきまぜんので・・・・」

保護者B「先生、だからわれわれ会社休んできているのだから、日当支払ってくれる

      約束してもらわなきゃ、やってられないよ。教育は、先生の仕事、こうしている

      間も先生は給料の一環での活動でしょ。」

先  生「しかし、そう言われましても・・・・・」

保護者C「おいおい、Aさん、Bさん、あんたら、頭が狂っているのじゃないか。」

保護者B「Cさん、あんたこそ、おかしくないか。世の中タイムイズマネーなんだよ。」

保護者C「よし、先生、Aさん宅とBさん宅に家庭訪問した時に、訪問残業代もらった

ことありますか?」

先  生「そっ、そんな無茶な事するわけありませんよ。」

保護者C「な、Aさん、Bさん、あんたら一人前の事を先生に要求したが、自分たちは、

      先生に、びた一文支払ったことがねえじゃないの。それでよくも『日当出せ』

      などと馬鹿なことをいえたもんだよ。そんな親の元で家庭教育やしつけすら

      満足にできず先生に丸投げしているくせに、盗人猛々しいとは、あんたらの

      ことだよ。」

先  生「まあ、皆様、どうか、お静まりください。その議論は、後ほどとして保護者会

      を進めさせてください。」

保護者C「先生がそうおっしゃるなら、仕方がない。とにかく、AさんBさんの要求など

      無視してくださいね。」

先  生「それでは、保護者会を・・・・・」

  ようやく始まった保護者会。Cさんに指摘されたAさん、Bさんは、終始小さくなって

いた。
にほんブログ村 お笑いブログへ 

面白サイト ランキング

by warau_1 | 2007-05-31 00:22 | 落語だよ